見出し画像

【CL東京使用】化石(アバゴーラGX+プテラGX)

※9月24日 対サナニンフ、現段階での構築を追記

はじめまして。えねみと申します。
普段は川崎や蒲田等でのんびりとポケモンカードをやってます。
ポケモンカード以外も浅く広くいろんなゲームをやってます。

今回はけんてぃーGX杯およびCL東京で使った化石(アバゴーラGX+プテラGX)デッキの紹介となります。
noteを書くほど立派な成績ではないと思いますが、個人的には1から作り上げていいデッキができたと感じたので、自身の文書力向上も兼ねて書いてみようと思った次第です。
一部有料での公開となっていますが、買っていただいた方の声にはできるだけお応えしたいと考えているので、追記してほしい事項があれば随時追記いたします。
1枚1枚丁寧に採用理由も記載している(つもり)なので、ジュース1本買う感覚で購入していただけると嬉しいです。

1.環境予想

今回のCL東京の環境は以下のように予想しました。
Tier1
レシリザ、炎MM
Tier2
3神系、ゾロアーク系、メルカリ
Tier3
ギラマネロ系、化石(ラムパルド型)、サーナイトGX、シルヴァディ 等

レシリザと炎MMはメタカードを大量に積まれていても、パワーでカバーできるほどの力があると考え順当にこの位置。
中でもレシリザは炎MMに対して無人プランを取ったりとメタカードを積みながら対応ができるため、圧倒的No.1と考えていました。

次いでパワーが高いと感じた3神はTier1の2つに対して不利というイメージがありながらも、ケルディオGX+混沌のうねりの組み合わせが非常に強力であり、またオルタージェネシスGXを宣言した返しに3神を倒すのが最低条件となるため、ここをクリアできなかった場合はレシリザ、炎MMでも有利関係が逆転すると考えました。
また発売されてから間もないため、様々な構築が出てくるといった脅威も込めてTier1寄りと考えました。
逆にゾロアークやギラマネロは3神の影響で勝ちづらくなりつつも、一定数は必ずいるため、1回はあたる想定でした。
メルカリはTier1に限りなく近いと考えていましたが、私の中ではブロアー入りのレシリザにどうしても不利をとってしまうため、この位置と考えました。(結果的にホワイトキュレム+カウンターゲイン+カウンターエネで倒す構築が結果を残しており、これには脱帽です)

以上を踏まえた上でデッキ選択および構築をする際に、最低でもクリアしなければならないポイントは以下と考えました。
・先行カキに対して対応できる
・先2クロスディビジョンで崩壊しない
・オルタージェネシスGX宣言後の3神相手にサイドレースで勝つことができる

他にも様々ポイントはありますが、最低限これをクリアする必要があると考えました。

2.けんてぃーGX杯とCL東京の結果

いくら語ろうと戦績が良くないと説得力がねーよ!と言われてしまうため、まずは戦績を記載しておきます。
【けんてぃーGX杯】
1回戦 炎MM 後〇
2回戦 ゾロアーク 先〇
3回戦 炎MM 後×
4回戦 レシリザ 後〇
5回戦 ドリュウズ 後〇
6回戦 レシリザ 後〇
5-1 同率8位

CL東京
1回戦 ピカゼク  後〇
2回戦 レシリザ 先〇
3回戦 炎MM 後〇
4回戦 アイアントLO 後×
5回戦 サナニンフ 後×
6回戦 炎MM 先〇
7回戦 炎MM 後〇
8回戦 炎MM 先〇
5-3

改めて見るとじゃんけんよく負けてますね…
レシリザとミュウミュウには1試合を除いてすべて先行カキされましたが、2試合以外は返すことができてます。
(負け2試合は1枚リセスタでデッキの中に2枚残っているスタジアムを素引きされて負けと、先行で研究所にアクセスできず負け)

3神とは結果的に1度もあたりませんでしたが、調整段階では問題なく勝てていたため、当日初見でこのデッキにあたる相手ならば大丈夫だろうと考えました。

3.ラムパルド型の化石ではなくアバゴーラGXを採用した理由

CL前の自主大会でラムパルド+アーマルドの型の化石デッキが結果を残しており、このタイプはCLでも意識されると思っていました。
私はTAGチームサポートの発表があったタイミングから化石を考えていましたが、ラムパルド型の化石には対TAGチームに対して致命的な欠陥があると考えており、そこをカバーするのは難しいと考えました。

この続きをみるには

この続き: 7,570文字 / 画像2枚

【CL東京使用】化石(アバゴーラGX+プテラGX)

えねみ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
18