見出し画像

ちょっぴり創作・「ままならないから面白い?」

 緊張する、ドキドキする、下準備をする、シナリオを作る。
それらが私には無縁。
となると、いい加減で、楽天主義で、大雑把で、と思われもするけれど、実際はとても神経質でどんなことであろうと数字には極度にうるさく、コンマゼロゼロどころか、ゼロゼロゼロゼロあたりまでは正確性を求めるとなると、厄介者で、なるべくお付き合いはごめん被りたいタイプのはずで。楽天主義などとは程遠い性格のようであり。

と、私のことなど、どうでもよく、最近、意外な人との出会いが多々あり、
その人の外見の有り様や、声、話し言葉の癖、座りかた、食べ方、飲み方などで、おおよそは、その人の職業や性格や育ち方や、隠れた本能などが、解ると自負していたのですが、その自負がことごとく崩されてしまうパターンの人ばかりに、立て続けに出会ってしまい、むしろ、人間は一定のパターン外のほうが多いのかもしれないと、今までの自負は何だったのだろうかと、少し外見からは見えないだろうけれど、しょげている。




      ✒️✒️


 背丈があり言動も、リーダー性抜群の、実際にある企業で、あるポジションでは唯一無二のリーダーである女性。
プライベートになると、女子色満載で、手にしている文庫本も、青春女子もの。それを発見した際に、まずは、あれー!?でしたが、バッグの中にチラ見えする、ポーチやお財布、ハンカチなどに、あらら?あらら!キラキラ女子が好きそうなブランド。意外、意外で、つい、その思いを口にしてしまった私ですが、けろっとして、その女史は、
「意外でしょう?!
私、可愛いもの好きなんです、似合わないんですよね、子供の時からずっと可愛いものが好きでした。可愛いとか、言われたことなくて。

デカイ、デカイ、ばっかりだったんです。

今は、寝るときも、パジャマよりネグリジェですし、プライベートの時は、断然スカートです。

えなさんを見てると羨ましい。小柄って、いつまでも可愛らしくて、ダンゼン得ですよね。」

小さいから得とは感じていないけれど、私が小柄でなかったとしたら、鼻持ちならない女じゃないかなとは、職場の人達の意見。小柄で救われているのかもしれない。イメージ的に。

 彼女は、幼稚園の時から大きかったらしく、本人は、誰かに甘えていたいし、可愛いもの好きで、手芸も好き、誰か優しい人と結婚して、専業主婦になりたいと現在でも願っているらしい。

ところが、現実は、自分の願う生き方とは真逆になってしまって。その反動が、仕事に影響のない持ち物は、好みのキラキラチープに可愛いモノを持ち、家の中は、好きで埋めているとか。

それがたぶん、彼女のストレス解消法なのだろう。これが、アウトドア派だったら、沖縄やハワイにでも行き
海に潜って真っ黒になったりしているのだろうけれど。

さて、仕事となると、長年の習性なのだろうけれど、姿勢を正して、バンバン要求してくるので、私は、この人が結婚したならば、是非とも、お宅におじゃましたいものだと思っていますが。

ご主人と、どのように話して、インテリアはどのようにするのか、食器なども、非常に興味があります。
自分の好みを通すのか、ご主人優先にするのか。

見た目では判断し難いのが女心でしょう。


 

       ✒️✒️


 もう1人は、そろそろ40才になる男性。
所謂エリートさん。学力レベルも身体能力も高く、その上、EQも抜群。
お顔もイケメン。じゃあ、言うことなしかなと思いきや、なかなかに悩み多き人で。今年、離婚をしました。国内ではトップクラスの有名企業を、今年、突然退社しました。何があったのでしょう。理由については無言を貫く姿勢がみえみえで。
彼の口を開かせるには、とてもとても長い時間がかかりました。
何があったのかを知りたいというご両親の依頼を、私は、なぜ、引き受けてしまったのかと、悔やむことしきりでしたが。


人間とは、辛く、また面白いものだとつくづく思いしらされました。
油断大敵、油断禁物。世間には多くの悪がはびこっている。ほんの小さな、小指の先ほどの妬みが、善良な人間をボロボロにしてしまう。


優秀で、お人好しで、他者に対して公平な人間。
辛いとは口にせず、黙々と努力する人間。すべてを自分の責任として、自分を責めても、他者を責めることはしない人間。

よく頑張ってきたものだと感心しながら、私は、無性に腹が立って仕方がありませんでした。何を守ろうとしたのでしょうか。本人の意志を尊重しながらも、専門家にも入ってもらい、悪は許すべきではないと私は考えます。


彼は、不承不承ではありましたが、私に話すことで、全容を話し終わった夜は、熟睡できたそうです。数年振りに、お昼近くまで、無我の境地で眠ったそうです。

人を信じられなくなったそうです。

よいのです。それで、いつかまた信じられる人と出会うはずです。


やり直す、再生する。40でも、50でも遅くはない。人生100年時代ですから。今までとは、まったく違う世界で生きてみるのもよい。

何があろうとも、善い人だった人を、神も仏も天も捨てはしない。


悩みなどなさそうに見える人、そんな人に、辛い苦しい相克があろうとは。

一様ではないのが人間なのでしょうが。

       終わり ✒️

花が散った桜、実をつけています。植物は逞しい!

  昨日食べた本マグロ丼、美味しかったです。

嬉しい!! ありがとうございます!
46
読むこと、書くこと、描くこと、弾くこと、綴ることが好きです。