見出し画像

わたしのこと。

自己紹介から記事を投稿されている方が多いので、わたしも自己紹介からはじてみたいと思います。

30代前半、主婦。

社会人になってから今まで何かしらのWEB担当者をしています。

mixiから始めたわたしのSNS参入は、早14〜15年が経ちFacebookで会社の人たちと安易に繋がってしまい、プライベートを他人と共有することに年々疲れ果てていきました。

会社の人たちには、プライベートは絶対に見せたくないけれど記録も残しておきたい、映えの波にも乗っかりたい!とはじめたInstagramは家族と親友2人しか相互フォローせずに鍵アカ。

愚痴の吐き場としてのTwitterはもちろん鍵アカ。

そんなわたしが、この度noteをはじめることにしました。


きっかけ

能力が問われる毎日。

めぐりめぐって、現在コンテンツディレクターとして働いています。

でも、コンテンツディレクターなのに文章書いたことないんです。そして本もほぼ読まない。なのにライターさんから納品された原稿に赤字を入れ続ける。

なんて性悪な人間でしょう。すみません、仕事なもので。

※もちろん最終チェックは広報部のプロにチェックしてもらっています。

アウトプット鎖国のわたしが、仕事では文章のスキルに迫られる日々。のらりくらりと交わし続けていましたが、いい加減一念発起してがんばってみようと思えたのは、前職で出会ったティンカーベルのおかげです。

語彙力ティンカーベル

画像1

前職で同じ部署だった彼女とは、今でも楽しくLINEをさせてもらっています。

わたしのティンカーベルになってくれた彼女は、元々ライターさん。今は自称エッセイスト表記。

ティンカーベルは、前職で現状維持バイアス中だったわたしに、大手企業への転職のススメなどお尻たたきをしてもらい、今の幸せをもたらしてくれました。

楽しいLINEの中で「note書きました!」と連絡がきて、彼女の語彙力の高い文章の大ファンのわたしは読者になるために登録しました。

登録したからには、何か書いてみようかな。と思ったけれどこれといった趣味もないので、書くことを探しているときにティンカーベルの言葉がよぎりました。

「ティンカーベル、どうやったら文章が上手くなるかな?」

「慣れるしかないっす。」

ああ、、がんばってみるよティンカーベル。


書こうと思っていること

元々、なにかに熱中できる性格でもなかったのでほぼ無趣味です。

唯一の趣味がフラダンス。週1でレッスンを受けていますが、文章になるほど思いをしたためることはできません。では、好きなものを文章にしたためようと思うことにしました。わたしの好きなものは、「犬」

愛は止まらないけど筆は進まない、進むけど「愛」「宝物」「人生」「体の一部」的な表現しかできず、イタい中2病的な内容にしかなりません。

そこで、人よりちょっとだけ得意な料理について、料理を作りながら思い出とともに文章を書いていこうと思います。きっと思い出なら残っているはず!

更新頻度は牛歩ですが、楽しんでもらえる文章が書けるように練習していきます。目指せ月1更新。

よろしくお願いします。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
30代主婦/webマーケ担当。週3で手作り弁当を食べ、週1でフラを踊ってます。今まで作ったことのない料理にチャレンジしてみたり、たまにフラのこと書いたり、ライブやバスケについてもゆるゆる書いていきます。