見出し画像

一汁一菜という選択と生き方

どちらかといえば、掃除が好きだ。

掃除というよりも、整理整頓がライフワークだから、仕事も家庭もコンパクトで整っている環境が心地よい。

ただ、料理はどちらかといえば、実のところ、そう得意ではない。手の込んだメニューを毎日SNSにあげている人たちを見ると、本当に感嘆しかない。

少し前に、土井 善晴の「一汁一菜でよいという提案 」という料理本が出て、だいぶ話題になった。

ご存知、料理研究家の著者だが、この本は料理本ということだけではなく、生き方の提案として共感した。

「一汁一菜とは、ただの和食献立のすすめではありません。一汁一菜というシステムであり、思想であり、美学であり、生き方だと思うのです。」

私の好きな整理整頓に通じる考え方でもあるが、堅苦しくなくてなんだかいい。

お味噌汁には何をいれてもいいし、ごはんに対して具だくさんのお味噌汁があれば、十分においしいおかずになりうるということ。

そして、食事がどうこうだけではなく、スタイルを作っていくことで、生活自体にリズムができるといったことが書かれている。

どこかで目にしたが、冷蔵庫のありあわせで食事をそれなりに作ることができる人は、生き延びる力が強いとか。

たぶん、あるものでどうにかちゃんと生きていく力、ということに通じるのだろう。

我が家は、味噌汁よりもどちらかといえばスープを常備している。スープも味噌汁に負けずおとらず万能で、何をいれてもどうにかなるし、味付けのバリエーションもどうとでもできる。

体調が悪いときなどは、スープだけあればどうにかなる。

しかし、味噌汁となると、多少、構えていた節があった。和の素材でないと難しいのかなと勝手に敷居を高くしていた。

先日、味噌汁に、えのきだけと豆腐とトマトを入れてみた。これが意外とおいしい。オリーブオイルを垂らしてもコクが出ていける。

人生は長い。

単発でとんでもなくすばらしいことができなくても、できる範囲で整えてきちんと食べる行動は、自身や家族を末永く支えてくれる気がする。


■毎日、Instagramで1~2冊、本の紹介をしています。

ナカセコ エミコ 私の本棚 nakasekoe.bookshelf 




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

“季節の本屋さん”における、よりよい本の選定に使わせていただきます。

読んでいただき、ありがとうございます☕️
104
(株)FILAGE 代表 書評家/絵本作家/ブックコーディネーター(産業心理・キャリアカウンセラー) 女性のキャリア・ライフスタイルを中心とした書評と絵本の執筆、「働く女性のための選書サービス」“季節の本屋さん”を運営中 HP→https://www.filage.co/

コメント4件

はじめまして。私もこの本大好きです!また読み返していて、食ってシンプルなことでいいんだよな~って思いました。
ナッスーミさん、コメントありがとうございます。見ていて楽になる一冊ですよね。
ツイッターでも紹介されていて、気になっていました。大切な考え方だと思います。ある意味「丁寧さ」にも通じるように思いました。
はじめまして。食生活の見直しを求められているのですが、中々難しいです。
でも、一汁一菜という言葉に励まされました。気負わずにいけそう!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。