見出し画像

新しい生活習慣に慣れる

自粛生活が続いている。

慣れないリモートワークに取り組んでいる人も、今多い時期なのかもしれない。

私は最近、独立したころのことをよく思い出す。

それまでの私は、長い期間組織に属して、広い1フロアの細長い島にあるデスクの一つで仕事をしてきた。

だいたい、責任者の隣か目の前の席に座り、いわゆる現場のナンバー2くらいのポジションにいることが多かった。途中で責任者職も経験したが、正直あまり向いていなかったと今でも思う。

私の力量が一番発揮できるのはナンバー2で、リーダーシップを発揮してくれる人の少し後ろで、実際の仕事をくまなく采配するという感じが性に合っていた。

実は、けっこう中間管理職気質で、先輩、後輩、同期、上司や部下、みんなでごちゃごちゃと話したりしながら、仕事を進めることが好きだった。

それでも、どうしてもやりたいことがあったので思いきって独立するに至ったのだが、一番最初に何が苦痛だったかというと、ちょっとしたおしゃべりをする人が周りに誰もいないこと。

嬉しいことや嫌なことがあったり、ちょっとわからないことがあったときに、上司や同僚と少し話す時間が、想像以上にガス抜きになっていたことに初めて気づいた。

結局、新しい仕事の形に慣れるのに一年くらいかかった。

あれから5年が過ぎ、今は相談する相手やサポートしてくれる仲間ができたりして、自分で日々の問題に折り合いをつける方法が見えてきた。小さな会社を動かす上で、情報交換する専門家や同業者の仲間も増えた。

そして、この未曾有の国難。

今まで、だいたいは馴染みのカフェで作業をすることが多かったので、自宅での作業が続く日々には慣れないものがあった。

新しい生活習慣に慣れるのには、ストレスも感じるし、それなりに時間がかかる。でも、不思議なものでいつしかちゃんと慣れる。

「本当に強い人(組織)は、強烈な武器を持っているのではなく、新しい世界に素早く順応する力を持っているか否か」といった文章をSNSで目にしたが、たしかにそうかもしれないなと思う。

新しい生活習慣にいまいち慣れない自分を受け入れながらも、徐々に順応させていく。

自分も他人も守り、ちゃんと生きて、しなやかに強くなっていくスキルが、今必要なのかもしれない。



この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

“季節の本屋さん”における、よりよい本の選定に使わせていただきます。

読んでいただき、ありがとうございます☕️
35
(株)FILAGE代表 書評家/絵本作家/ブックコーディネーター(図書館司書・産業心理/キャリアカウンセラー) 女性のキャリア・ライフスタイルを中心とした本の仕事をしています。「働く女性のための選書サービス」“季節の本屋さん”運営中。https://www.filage.co/

こちらでもピックアップされています

会社運営&書くにまつわる
会社運営&書くにまつわる
  • 98本

フリーランス約半年を経て法人化した会社運営のつれづれ。その他、執筆・文章全般にまつわることがら。

コメント (2)
こんにちは
私も長く組織で働いていて3月末で辞めました
1ヶ月が過ぎた頃から
『ちょっとしたおしゃべりをする人が周りに誰もいないこと。』が寂しくて、おしゃべりが忙しく緊張した日々のオアシスとなっていたのだとしみじみと感じています。家族とは違うのです。
一緒に働く仲間と仕事とは関係ないおしゃべりが潤滑油となり仕事に生きていたように思います。そして良いチームワークともなり充実した日々につながるのだと思いました。

慣れるのに時間がかかるのですね…でも、慣れるのですよね☺
sachieさん、長年のお仕事お疲れ様でした。不思議なもので、時がうまくならしてくれるようにも感じます^_^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。