小林えみ担当書籍一覧(2019年~)

【2020年】
河野真太郎(編)『暗い世界』978-4-909237-53-8
十和田市現代美術館(編)『地域アートはどこにある?』978-4-909237-47-7
ビニ・アダムザック『みんなのコミュニズム』 978-4-909237-46-0
井上奈奈『猫のミーラ』 978-4-909237-44-6

【2019年】
宮野真生子『出逢いのあわい』 978-4-909237-42-2
石井雅巳『西周と「哲学」の誕生』 978-4-909237-41-5
岸本聡子『再公営化という選択』 978-4-906708-82-6
ジュディス・バトラー『欲望の主体』 978-4-909237-38-5
斎藤幸平『大洪水の前に』 978-4-909237-40-8
ナオミ・クライン『楽園をめぐる闘い』 978-4-909237-39-2
西口想『なぜオフィスでラブなのか』 978-4-906708-99-4

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
小林えみ よはく舎代表、編集者。1978年東京都生まれ。 担当書籍に哲学思想雑誌『nyx(ニュクス)』、『戦う姫、働く少女』、『ハンス・ヨナスを読む』、『資本主義リアリズム』(堀之内出版)、『きゃわチョゴリ』(トランスビュー)など。

こちらでもピックアップされています

よはく舎記録
よはく舎記録
  • 6本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。