バンクーバーの現地企業3社で働いてきた私の、これまでの振り返りとツール紹介
見出し画像

バンクーバーの現地企業3社で働いてきた私の、これまでの振り返りとツール紹介

笠井枝理依

皆さんご無沙汰しております、笠井枝理依(かさいえりい)です!もはやFrog Advent Calendarに参加するためにこのnoteを使っているような感じになっていますが、張り切って20日目を担当していきたいと思います。

今回は前回の記事のような精神論の話ではありません(笑)バンクーバーに移住して4年以上、なんだかんだで現地企業を3社も渡り歩いてきたので、今回はそれらを振り返りながらもっと具体的なツールについて書いていきます!

前提として私の肩書はUIデベロッパー/デザイナーなので、フロントエンドやデザインに偏った情報となることをご理解くださいな(`・ω・´)ゞ

1社目: Istuary Innovation Group

(当時のチームメンバー達と。中国人9割の会社でした笑)

バンクーバーに移住して最初に勤めたのがこの会社で、UIデベロッパーとして1年ほど働きました。入社時100人前後しかいなかったのに、退職する頃には10倍以上の人数を抱える大所帯になっていて驚いたものです。会社の成長スピードにリソースが追いつかなかったようで、悲しくも現在は閉業…。

色んなプロジェクトに関わりましたが、最後の数ヶ月は社内向けに人事周りを楽にするWebアプリを作っていました。初めての現地企業で右も左も分からない状態でしたが、チームメイトに恵まれて伸び伸びと働くことができました。この頃のチームメイトたちとは今でも仲良しで、ちょこちょこやり取りしています。

当時使っていたもの
Webアプリのフロントエンドを担当していたので、それに必要なものがメインとなってきます!

=== 言語やフレームワーク ===
• HTML/CSS (Sass たまに Less)
• JavaScript (AngularJS)
• 会社オリジナルのUIフレームワーク(私が作りました!)

=== ローカルアプリ ===
• Atom (エディター)
• Sketch (たまにデザインもしてたのです。)
• iTerm (ターミナル)

=== その他のツール ===
• JIRA (タスク管理)
• Zeplin (モックアップ確認)
• GitLab (Gitリポジトリの管理)

2社目: Glass Canvas

(コーポレートサイトより引用。働いている私の後ろ姿!)

Istuaryを退職して半年ほど日本の会社でリモート勤務したんですが、その後に勤めたのがこちらの会社です。1社目は事業会社でしたが、2社目はデザインエージェンシーだったのでプロジェクトの移り変わりが激しく、ガシガシWebサイトを作っていました。

興味深かったのは、この会社のクライアントに教会関連が多かったところ。ある日神父さんがオフィスに来て、急に聖歌を歌いだした時は何事かと目を丸くしました(自由だな)。オフィスがダウンタウンからだいぶ離れたFort Langleyにあり、メンバーも大らかで優しい方が多かったです(*´ω`*)

当時使っていたもの
ここでもフロントエンドメインで仕事をしていたので、1社目に近いリストとなっています。

=== 言語やフレームワーク ===
• HTML/CSS (Sass)
• JavaScript (AngularJS、途中からReactに変更)
• Ruby on Rails (私はSass走らせたりする時だけ…)
• Bootstrap 4 (αもβも経験しました!)

=== ローカルアプリ ===
• Atom (エディター)
• iTerm (ターミナル)

=== その他のツール ===
• Trello (タスク管理)
• InVision (モックアップ確認)
• GitHub (Gitリポジトリの管理)
• 会社のオリジナルCMS (Wordpressとは無縁!)

現在の会社: Avesdo

(現在のセットアップ。WindowsもMacも使います…!)

そしてこちらが現在働いている会社。バンクーバーでも続々と建っている新しいコンド(日本で言うマンション)の販売を対象に、セールスを管理するWebアプリを作っています。オフィスはバンクーバーとトロントにあり、社員はまだ20人弱と小さな会社ですが、一歩一歩着実に成長している良い会社です。

たまーにフロントエンドを触ることもありますが、今はほぼUI/UXデザインに特化。日々うんうんと唸りながら、ワイヤーフレームやモックアップを作成しています。記事を書いている時点ではまだデザイナーが一人しかいないので、毎日大忙しです!

主に使っているもの
デザイナーにジョブチェンジしたこともあり、ツールに結構変化が見られますが、デベロップメント側についてもわかる限りリストアップしますね。

=== 言語やフレームワーク ===
• HTML/CSS (Sass)
• JavaScript (AngularJS)
• Bootstrap 3
• C# (私は触れませんが…!)

=== ローカルアプリ ===
• Visual Studio (私はCodeの方を使ってます)
• iTerm (ターミナル)
• Sourcetree (Gitリポジトリの管理)
• Sketch (モックアップ作成)

=== その他のツール ===
• JIRA (タスク管理)
• Bitbucket (Gitリポジトリの管理)
• Whimsical (フローチャート作成)
• InVision (プロトタイプ作成)
• iPadのお絵かきアプリ(ワイヤーフレーム作成)
• 紙とペン (ワイヤーフレーム作成)

終わりに

いかがでしたでしょうか?意外と日本のテック企業とそこまで使っているものは変わらないんじゃないかと思います。JSのフレームワークもReactだ、Vueだと騒がれてはいますが、私が働いてきた現場ではまだAngularが強い感じです。デザインツールについても然りですが、もしかしたらWhimsicalあたりは新しいかもしれませんね。何かしら参考になるところがあれば幸いです…!

近頃TwitterのTL上にあまり顔を出していませんが、実は本当に色んなことが起きている真っ最中なので、落ち着いたらまた改めて、思いの丈を綴ったポエミーな記事(笑)を書きたいと思います。それまでしばしお待ちを。

皆さま、Happy Holidays!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
笠井枝理依
カナダのバンクーバーで暮らすUI/UX Designer & Developer 👩🏻‍💻🇨🇦 2017年秋にカナダ永住権も取得済み。ウクライナ人の夫との日々の暮らしや、現地企業で働く中で感じたことを書き綴ります 📝✨