最近女性アイドルに惹かれなくなった

エルケン

少し前まで好きだった女性アイドルに最近は興味をなくしている。

正直欅坂46は全員同じに見える、しかしこれはAKB48に興味がない人はAKB48に対して同じことを思っていただろう。逆にAKB熱があった頃は「こんな個性のあるメンバーがいるのに同じなわけがない!」とオリジナル選抜まで妄想していたぐらいだ。


しかし波をひいたように最近女性アイドルに興味が持てなくなっている。

欅坂が流行って平手ちゃんすごいといわれても、「まゆゆの全盛期に勝てないんだよなぁ」と完全に昔を美化するようになっている。

「みんな同じに見える」というのはもうおニャン子ぐらいのころから常に言われてきた話で、興味なくなればみんな区別がつかなくなるのは恒例なのだ。


ファンの人には申し訳ないけども、欅坂の「サイレントマジョリティー」を聞くと、皮肉なことにあの子たちが一番歌詞で批判しているような「みんな同じ服を着て似たような表情」みたいな感じになっているのは面白い。

「大人たちに逆らえ」的な歌詞なのに、一番本人たちが大人に迎合しててシステムに従っている画一的な子なのだ。

結局あれは秋元康の願望や自己投影で、アイドル本人が思ってることでもない。ちょっと前に芸能人が「歌わされてる感があってはまれない」と批判していたがまさにそのような感覚に近い。

「君らしくていい」みたいな歌詞もおそらく欅坂の子たちが実際に君らしくいればその日から欅坂46から消えてしまうだろう。この世の中は個性の大事さをうわべでは解きながら個性を排除するようにできている。

個性の美しさを説かれ、それを信じて活動する彼女らの目は「先ゆく人が振り返り先を乱すなとルールを説く人々」の表情のように死んでいる。現実には個性の許容などどこにもないのだ。

今の世の中「君らしくていい」「個性を大事にしろ」、そんな綺麗事が多い。ただ、いざ個性を求められるといざ自分には面白い個性がないことに気付く。個性、それってなんだ、どうしろ、と。

そして個性が弾圧されていた管理教育時代の方が個性ある人がいたことに気付く。個性って何なのか、君らしくってなんだよ・・・・そんな葛藤が溢れている。既成概念を壊せと言われてもその手段はこの手の中に虚空だ。

この続きをみるには

この続き: 1,537文字

記事を購入

120円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
エルケン

面白いとおもたら銭投げてけや