見出し画像

今回のテーマは「出社初日で同僚と上司の信用を獲得する5つの行動」

新しい会社の入社初日に、「職場に馴染めるかな・・」「仕事できるようになるかな・・」と感じる人が多いのではないでしょうか。
だからこそ、初日をどう乗り切るかが大切です。初日を乗り切れれば、徐々に軌道に乗ってきます。転職をすると、起床時間、通勤経路など、様々環境が変わり、慣れないといけないことが沢山あります。そこで、まずはどのように新しい職場で、初日を乗り切ったら良いのか見ていきましょう。

①コミュニケーションを大切にする

職場で良好な関係を築くためには、まず初日はフロアー全員にあいさつをする事です。
「自分を知ってもらうこと」「相手を知ること」から始めましょう。あいさつには経験やスキルは関係なく、誰でもできることです。会話が増えてくると、自然と打ち解けやすくなるので、職場に溶け込む上でも、コミュニケーションを密にすることはとても大切です。

会話が苦手という人も、「笑顔であいさつをする」「顔と名前を覚え、名前で呼ぶ」「業務のホウレンソウ(報告・連絡・相談)をする」などは、今すぐできるコミュニケーションです。当り前のことですが、この当たり前を積み重ねていくことで、あなた自身が「話しかけやすい人」「仕事ができる人」という印象を周りに与えることができます。

②分からないことは自分から積極的に聞く

入社当初は分からないことだらけなのは当然のこと。むしろ、分からないことを堂々と聞けるのは入社間もない時期の特権です。時間が経てば経つほど聞きづらくなったり、分からないことを分からないままにしておくことで後々の仕事に影響がでたりしてしまいます。

大切なのは、一度教えてもらったことはしっかりインプットすること。「教わるときはメモをとる」「学んだたことはしっかり復習する」など、学ぶ姿勢をしっかりアピールしていきましょう。メモは再度ノートに書き直したりすると、更に記憶力が高まります。

③職場のルールに慣れる

会社が替われば、仕事内容だけでなく、社内ルール・仕事のやり方なども変わります。人に聞いたり、マニュアルを読んだりして新しい会社のルールや業務内容を覚えていきましょう。「前職のやり方の方がよかった…」と思うことがあっても、いきなり「前職はこうでした」と前職のやり方を口に出すとあまりいい印象にはなりません。
上司や同僚から前職のやり方を尋ねられたら、答えるようにしましょう。
まずは新しい会社のやり方に慣れることから始め、気付く事があればメモを残し、少しずつ改善提案をしていくようにしましょう。

④職場の人間関係を把握する

円滑に業務を進めるためには人間関係を把握することも必要です。まずは周囲をよく観察し、仕事をする上でのキーマンを把握したり、相談できる人を見極めたりしてみましょう。
また、周囲を観察することで、職場の雰囲気が分かってくるので、今後の同僚への接し方などもつかめてきます。年齢が自分の方が上で、親しい関係を築きたいと思っても、職場の中では全員先輩ですから、丁寧な対応を心がけ、いきなりフレンドリーな言葉遣いをするのはさけておきましょう。

⑤焦らない

1日も早く「結果を出したい」「活躍したい」と焦る気持ちは分かりますが、意気込みすぎて業務を一気に覚えようとすると、後々自分が苦しくなってしまったり、仕事が中途半端になってしまったりして、かえって職場に迷惑をかけてしまいます。
まずは覚えたことを一人できるようになり、業務に慣れていくことが大切です。会社としても、あなたに長く活躍してもらいたいと感じているので、不安なことがあれば、同僚や上司に相談し、一人で抱え込まないようにしましょう。

最後に

3日、3週間、3ヶ月と言う言葉を聞いたことがある方もいると思いますが、初日を乗り切れるかで後が変わる非常に大切な1日です。初日までに、一度マインドをリセットして、次の会社に望めるかです。色々な要因はありますが、初日を失敗して早期離職に繋がっている方も少なからずいます。前職の肩書きや前職の看板で仕事をしていた成功体験などは一旦捨ててください。役職で入社しようと、一般社員で入社しようと、転職先ではゼロスターです。ここを肝に銘じて初日を過ごせば、この転職はきっと上手くいきます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければシェアも宜しくお願いします。
3
新卒で大手レストランチェーンに入社してから13 年間飲食業界に貢献。 その後、人材業界にジョブチェンジ。現在㈱イレブンにて、『働く人の幸せにコミットする』をミッションに掲げ、 「志のある求職者」と「働きがいを大切にしている会社」を繋ぐビジネスで社会課題を解決しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。