実は別のnoteアカウントで出版のこととか色々書いていた

今は全部書いたものを消してある。
このアカウントをちゃんと動かすより前、2018年くらいのことで別に「読まれたらまずい」というものを書いていたわけではなく、特に分ける必要もなかったなと思い直して、こっちにまとめるつもりだった。

「これからは作家が個人でも作品を発表してマネタイズできるようにしていかないとまずいのかも」とか「編集者や出版社は必要なのか?」みたいなことをつらつら書いていたんだけど、その頃からもまた急激に事情が変わってきて、結局記事をこっちに移せなくなくなってしまった。

移すならちょっと修正しよう、ともたもた思っているうちに、さらにコロナ禍でどうしようもないくらい本の流通状況が変わってしまった。
今、書店も出版社も作家も大変なことになっている。私は全然影響受けてないけど(何で影響受けてないかは言いづらい)。

もうずいぶん長いこと、「本の売り方を大きく変えないといけない時期だ」と一人で思い続けていたので、今は本当に大変な時期だけど、こういうわかりやすい形でいろんなものを目の前に突きつけられたら、変わらざるを得ないのでは…と、ちょっと期待している。
自分でも何かしらできないかなあと考えていたりもする。するが、具体的に何ら動けていない。
とりえず仕事相手に何かしら提案してもてんで興味を持ってもらえなかったので、もっと違う道筋でやらないと駄目らしい。

こういう話をちゃんとできて、実際動ける人と知り合えたらなあと思いつつ、なにぶん心が引きこもりで常に単騎行動なのでままならぬ。
とりあえずKindleで個人出版しよう、とモソモソ動き始めたのがその発露で、それすらも停滞しているので、もう少しシャキシャキしないと何もしないうちに寿命が来てしまうよ。

「最終的には商業ベースで書く場がなくなっても読んでくれる人がいなくなっても、一人で何かしら書いていればいいや」という自分と、「読書が好きなので素敵な本に巡り会える機会が減るのは耐えられない」という自分がせめぎ合っている。
書き手としてはさほど欲がない方なんだろうなと思うけど、読者としては強欲なので、読者の自分を納得させられるように動いた方がいい気が、最近ひしひししている…ので、もう少しアンテナ高くして生きたい。
浴びるほど本が読みたいのだよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

♡ありがとうございます
8
小説家。仕事の告知|https://www.eleki.com 漫画やガジェットについて語る趣味ブログ|https://www.eleki.com/blog ご用の方はサイトのメールフォーム(https://www.eleki.com/contact/)をご利用ください

この記事が入っているマガジン

日常あれこれ
日常あれこれ
  • 55本

ただの日記です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。