見出し画像

有料配信ライブのチケット代っていくら?

手探りながら少しづつ進んでいっている音楽業界
色々なアーティストさんが無観客配信ライブに挑戦しています

無料での配信ライブも多いですが、今後のことも考えて有料化
の事も考えないといけないと思います

このまま感染予防の脅威が0になるわけもなく無観客かもしくは
ライブ会場に入れてもキャパの半分おおくて7割・・・
ライブ+配信のセットが主流になっていくと思います

となると・・・いかに配信を有料化ににしていくかがポイントになります

配信のメリット

①ライトユーザーへの需要
  ・名前は聞いたことあるし気になっている
  ・曲が流れてて気になった
  ・MVを見て興味を持った

  などの コアなファン以外への需要が見込める

②時間がない人への需要
  ・移動時間など考えると時間がない
  ・近くにライブハウスがないので遠征しないといけない
  ・家事や子供がいてライフハウスに行けない

  などの コアなファンだけど時間がない

③過去のファンへの需要
  ・年も年だし・・・ライブハウスはちょっと・・・
  ・昔見てたバンド今でもライブやってるんだ!


  などの 昔のコアなファンの回帰

④環境変化による配信の需要
  ・感染予防のためライブハウスにはいきたくない
  ・大声とかで盛り上がれないなら家でゆっくり見たい
  ・あんなゴーグルとかシールドみたいなんを付けてまで見たくない

 などの ライブは見たいが、そこまでしてみたくないファンへの需要

有料配信の金額

上記のメリットを踏まえて金額設定をしないといけないと思います
無料だとみてくれるけど有料だとみてくれるバンドがどれだけいるか・・・
この金額設定は、後々の基準にもなるし今後の業界全体にかかわってくると思います
例えば、有名なバンドさんたちが3000円や4000円などライブハウスの料金とほぼ同額に設定した場合、コアなファンは買ってくれるでしょうが、ライトユーザーは、来てくれないと思います
逆に500円とか1000円とかのロープライスにした場合、気軽に見に行けそうですが、収益になるかといわれたら1000人規模で呼べないバンドさんは厳しいと思います
ほかのバンドさん達基本が500円なのに自分だけ2000円とかに設定すると
ぼったくりとか高すぎるとか言われそう・・・

なので最初の設定とくに多くお客様を呼べるバンドさんほど考えて設定ほしいと思います

個人的な意見

えるで的には、
  ・最初の15分は無料
  ・以降は有料(1500~2500円)
  ・ドリンク代の代わりに任意で投げ銭

これが理想ではないかと思います

無料の15分は、ライトユーザーやたまたま見た人にバンドを知ってもらうチャンスです PRや広告みたいに思えば無料にしても惜しくないと思います
出だしで5分MCや告知や紹介して 2曲分ライブが見れます

そして3曲目からは有料にして、コアなファンや気になったユーザーが見てくれます

ドリンク代という文化は必要です
なぜなら、ライブハウスが好きだからです
ドリンク代がかかるからという安易な理由で配信に流れるのだけは
個人的には反対です

そこで、投げ銭です。
任意でドリンク代の代わりに投げ銭をお願いするんです
ここは、必須だと意味がありません。任意がいいんです
ほとんどの人は投げ銭しませんが、
ライブ通いのファンが「ドリンク代」って100円とか200円とか入れてくれます
コアなファンが応援の意味も含めて500円とか1000円とか入れてくれるでしょう

単純な収入のプラスになるんですが、個人的には、
ドリンク代という文化を残したいそこの意味が大きいです

さいごに

おうち時間を有効にということで、動画をみる時間が全体的に増えています
ここに活路を見出すのは、絶対だと思います
色々な専門家さんなどが、ライブハウスへの基準を考えていることでしょう
ただ・・・見てる限り・・・

そこまでしてライブ行きたいとは思わない

って思った人いっぱいいると思います
なんなら、屋外やスタジオで配信ライブオンリーっていうバンドも増えてくると思います

ライブハウスが大好きな えるでとしては、

なんとか、ライブハウスが蚊帳の外にならないように祈ってます



#おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

こういう機能もあるんですね・・・まだよくわかってないので 勉強したら更新しよーっと ♫ お♡ふ♡せ

10
ライブが大好きです。ライブハウスが好きです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。