圧倒的強さ

画像1 織田記念ノングランプリ5000m。洛南高校佐藤 圭汰がスタートから積極的に先頭を走り実業団相手に日本人トップの13:42.50でゴールしたことに注目が集まったが、驚いたのはラストスパートには定評のあるNTT西日本石井 優樹らをおさえて4位に入った中国電力岡本直己。記録は13:50.50。

この続きをみるには

この続き: 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
ツイッターや「今日の一枚」では掲載するタイミングをうしなった写真やテキスト、これからやってみたいことなどを、ここでこっそりとはじめています。ちょっとびびって月10回と書いてますが、一日10回更新する日もたまにあると思います(笑)情報誌のようなことを期待している方はやめておいたほうがよいかも。ツイッターやオープンなネットとは違ってクローズドかつバズらない場を作ろうと思います。

月刊といいながら、一日に何度も更新する日もあります。「いつかビジュアルがたくさんある陸上雑誌ができるといいなあ」と仲間と話していたんですが…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
EKIDEN News

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます!いただいたサポートは国内外での取材移動費や機材補強などにありがたく使わせていただきます。サポートしてくださるときにメッセージを添えていただけると励みになります!

いらんこと言うな。 前見て走れ。(中村祐紀が弟・中村友哉へ)
50
Track&Field+EKIDEN, Running culture around the world. 🇯🇵 https://www.instagram.com/ekiden_news/ https://www.facebook.com/ekidennews/