間に合った。

画像1 兵庫リレーカーニバル。全出場者の中で一番ただならぬ空気を醸し出していたのは2000m障害に出場予定であった阪口であった。2019年兵庫リレーカーニバル3000SC優勝。その勢いのまま日本選手権優勝。あとはオリンピック参加標準さえ出せれば東京オリンピック。日本代表の座はすぐ手に届くところにあると思われていた。がしかし、近頃発表されたオリンピックテストイベントのエントリーには2020年シーズン結果を残せなかった阪口の名前はない。追加エントリーの座をひきよせるには、兵庫リレーカーニバルの結果が必要だった。

この続きをみるには

この続き: 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
ツイッターや「今日の一枚」では掲載するタイミングをうしなった写真やテキスト、これからやってみたいことなどを、ここでこっそりとはじめています。ちょっとびびって月10回と書いてますが、一日10回更新する日もたまにあると思います(笑)情報誌のようなことを期待している方はやめておいたほうがよいかも。ツイッターやオープンなネットとは違ってクローズドかつバズらない場を作ろうと思います。

月刊といいながら、一日に何度も更新する日もあります。「いつかビジュアルがたくさんある陸上雑誌ができるといいなあ」と仲間と話していたんですが…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
EKIDEN News

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます!いただいたサポートは国内外での取材移動費や機材補強などにありがたく使わせていただきます。サポートしてくださるときにメッセージを添えていただけると励みになります!

三上水飲む?
62
Track&Field+EKIDEN, Running culture around the world. 🇯🇵 https://www.instagram.com/ekiden_news/ https://www.facebook.com/ekidennews/