コーヒーの香気成分

コーヒーで最も重要な成分といえば、コーヒー豆を焙煎することによって生成する香気成分なのだと、エカワ珈琲店は考えています。

コーヒー豆を加熱処理すると、いろいろな香気成分が生成されます。

焙煎で生成するコーヒーの香気成分ですが、現在(2016年)のところ、1000種類くらいの香気成分が知られています。

コーヒーの香気には、鼻を近づけたときに感じる香気成分と、それよりも沸点の高い成分からなり口に含んだときに感じる香気成分があります。

そして、鼻に近づけたときに感じる香りを「アロマ」、口に含んだときに感じる風味を「フレーバー」と呼んでいます。

その香気成分のうち、ほんの少しだけ焦げたにおいのするフルフラール、なんとなく甘味を感じる香りがするマルトールやシクロテンについては、化学的に合成することができるようになったそうです。

化学的に合成されたこれらの香気成分は、すでにインスタントコーヒーに使用されているのだそうです。

この続きをみるには

この続き: 1,649文字

コーヒーの香気成分

年老いた珈琲豆焙煎屋の雑記ノート

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
エカワ珈琲店が、これまで30年近くに渡って蓄積して来た珈琲に関する経験(スキル)・技術・知識を読める化した記事を、noteを通じて有料販売させて頂いています。