1990年代初期のコーヒー豆販売店開業
見出し画像

1990年代初期のコーヒー豆販売店開業

年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲ノート

その昔(1990年代の初めころ)、年老いた珈琲豆焙煎屋は、地元(和歌山市)の信用金庫の職員さんに、「コーヒー豆販売店開業」という資料を頂きました。

職員さんは、「年老いた珈琲豆焙煎屋さんの商売の参考になるかもしれない」と考えて届けてくれたわけです。その頃の信用金庫は、街の小規模ビジネスのコミュニティーを支える存在で、信用金庫の職員さんたちも、その事を自覚していたのかもしれません。

ということで、資料「コーヒー豆販売店開業」と年老いた珈琲豆焙煎屋の記憶に依存して、1990年代初めころのコーヒー豆小売販売店の商売を振り返ってみます。

当時、焙煎したコーヒー豆を購入して家庭や職場で楽しむ人が増え始めていましたが、現在(2020年)のように幅広く普及していたわけではありません。

家庭や職場でコーヒーを楽しむ人たちの焙煎コーヒー豆購入先は、百貨店の焙煎コーヒー豆売り場か喫茶店で、当時としては高級な商品だったわけです。焙煎コーヒー豆を小売販売するスーパーマーケットも存在していましたが、やはり価格は高級でした。

年老いた珈琲豆焙煎屋が店主をしているエカワ珈琲店が、本格的に自家焙煎コーヒー豆小売販売を開始したのは、1989年です。

当時、自家焙煎したコーヒー豆を卸売り価格で一般のお客さんに販売するコーヒー屋さんが登場していて、夫婦2人とパートタイマー2人の計4人で、1日平均10万円を売り上げている自家焙煎コーヒー豆小売店の話を、コーヒー豆焙煎機メーカーの営業担当者さんから聞いた記憶が残っています。

1990年前後、コーヒー屋さんの間で知られていた関西の自家焙煎コーヒー豆小売店は、京都の出町輸入食品、大阪のアリモト珈琲問屋、西宮のグレートコーヒーです。

公務員(京都府庁)出身の店主が営む出町輸入食品は日本一の小売り販売量を誇る珈琲豆小売店で、西宮のグレートコーヒーで働く社員さんの年収は1000万円以上で、大阪天王寺のアリモト珈琲問屋は行列のできる自家焙煎コーヒー豆小売店でした。

もちろん、年老いた珈琲豆焙煎屋は、これらの珈琲屋さんを何回か視察しています。そして、自家焙煎コーヒー豆小売商売は、これからの商売だと確信を持つことができたわけです。

1990年初期、コーヒー業界の概要

4分の1世紀以上も前に、地元の信用金庫から頂戴した「コーヒー豆販売店開業」という資料を保存しています。1990年代の前半、コーヒー豆販売店に関係する資料を集めるのが年老いた珈琲豆焙煎屋の趣味の一つでした。

現在(2020年)は、デジタルデータとして保存しておく時代です。ペーパー資料として保管しておくよりも、デジタルデータとして保管しておくほうが、より確実に便利に保管しておけるわけですから。

でも、著作権の問題もあるわけで、「コーヒー豆販売店開業」という資料を、そのまま書き写して公開することができません。

そこで、「コーヒー豆販売店開業」から要点を参考にさせていただいて、それに年老いた珈琲豆焙煎屋の記憶をプラスして、年老いた珈琲豆焙煎屋版「1990年代初期のコーヒー豆販売店開業」という資料を新たに作ってみました。それが、この記事です。

1990年代初期の頃の「コーヒー豆販売店開業」に関する資料ですから、現在(2020年)の日本で通用するかどうか定かではありません。

この続きをみるには

この続き: 8,781文字 / 画像2枚

自家焙煎コーヒー豆小売商売に従事して30年、パパママ経営の生業商売を続けて来ました。その間に何となく身に着けた、コーヒー豆自家焙煎店小売商…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲ノート
エカワ珈琲店が、これまで30年近くに渡って蓄積して来た珈琲に関する経験(スキル)・技術・知識を読める化した記事を、noteを通じて有料販売させて頂いています。