コーヒー豆の焙煎と焙煎コーヒー豆の煎り加減

グリーン(緑)色したコーヒー生豆を、ダークブラウン(こげ茶色)の心地よい香気を持つ焙煎コーヒー豆に変換するための加熱工程を『焙煎』と呼んでいるのだと思います。

コーヒー生豆は、焙煎によって秒単位で変化しているように見えます。

焙煎する前のコーヒー生豆は、緑色(グリーン)をしていて、コーヒー生豆に含まれているコーヒーの成分を比較的長期間保つことができます。(保存期間が長い)

しかし、焙煎コーヒー豆は、焙煎後、時間の経過と共に新鮮なローストフレーバーが減少して行くので、保存できる期間は限られています。(保存期間が短い)

ですから、できるだけ素早く消費する必要があるとエカワ珈琲店は考えています。

焙煎理論は、インターネット内を彷徨っているだけでも比較的簡単に習得できると思います。

でも、焙煎技術は、経験(スキル)の積み重ねで修得するものなのかもしれません。

この続きをみるには

この続き: 1,905文字

コーヒー豆の焙煎と焙煎コーヒー豆の煎り加減

ekawacoffeeの珈琲ノート

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
エカワ珈琲店が、これまで30年近くに渡って蓄積して来た珈琲に関する経験(スキル)・技術・知識を読める化した記事を、noteを通じて有料販売させて頂いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。