見出し画像

ホールビーンコーヒー(Whole-Bean Coffee)、グラウンドコーヒー(Ground Coffee)

焙煎したコーヒー豆をホールビーンズコーヒー(Whole-Bean Coffee)、それを挽いた(粉砕した)コーヒー粉をグラウンドコーヒー(Ground Coffee)と呼ぶこともあります。

ローストされているが、まだ挽いていない焙煎コーヒーをホールビーンコーヒー(Whole-Bean Coffee)と呼んでいます。まだ粉に挽かれていない、豆のままの焙煎コーヒーです。

グラウンドコーヒー(Ground Coffee)は、焙煎コーヒー豆をミルなどを使って細かく粉状に粉砕した焙煎コーヒー粉です。

ホールビーンコーヒー(Whole-Bean Coffee)は、細かく粉状に粉砕していない焙煎したままのコーヒー豆で、細かく粉状に粉砕された焙煎コーヒー粉(グラウンドコーヒー/Ground Coffee)よりも、新鮮さをより長期間保つことができます。

ホールビーンコーヒー(Whole-Bean Coffee)を購入すれば、消費段階で粉の大きさ(挽き具合)を調整ことができます。

消費者が焙煎コーヒー豆を購入する場合、ホールビーンコーヒー(Whole-Bean Coffee)かグラウンドコーヒー(Ground Coffee)、そのどちらかを購入します。

コーヒー豆自家焙煎店で購入する消費者はホールビーンコーヒー(Whole-Bean Coffee)を、スーパーなどで購入する消費者はグラウンドコーヒー(Ground Coffee)を購入する傾向にあるとも言われています。

グラウンドコーヒー(Ground Coffee)よりも、ホールビーンコーヒー(Whole-Bean Coffee)のほうが、一般的に新鮮で香りが良いと考えられています。

焙煎コーヒー豆が消費者の手に渡るまでには、色々な生産流通段階を経ています。そして、ホールビーンコーヒー(Whole-Bean Coffee)は、焙煎コーヒー豆を粉砕する(挽く)という段階を除く他のすべての生産段階を経ています。

コーヒー果実の収穫、コーヒー生豆の精製、コーヒー豆の焙煎という焙煎コーヒー豆の生産段階のすべてを含んでいます。

コーヒー豆は、熱帯植物であるコーヒーノキに成る果実の種子です。コーヒー果実を収穫すると、まず、未熟な果実や小さな果実を取り除きす。

次に、マシーンを使って果実から種子を取り出して、その種子を発酵させてから丁寧に水洗いします。その後、コーヒー豆(コーヒー果実の種子)を乾燥させて、保管、輸送を経て、消費地で焙煎します。

大量生産、大量消費向けに規模の大きな工場で焙煎したコーヒー豆は、気密包装して流通ルートへと出荷されます。

小規模なコーヒー豆自家焙煎店の少量生産、少量消費タイプの自家焙煎コーヒー豆は、焙煎したコーヒー豆をホールビーンコーヒー(焙煎コーヒー豆の姿形のまま)の状態で店頭に並べて、焙煎コーヒー豆のまま、あるは、その場で挽いて(粉にして)お客さんに販売しています。

この続きをみるには

この続き: 1,771文字

記事を購入

100円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!