見出し画像

焼き麩の栄養。

家で残っていた、お麩を子どもたちのおやつにしました。

お麩のラスクも流行っていますが、我が家はお麩のフレンチトーストを。

育ち盛り、食べ盛りの子どもたち。

満腹感がでて、たんぱく質もとれるのでおすすめです★


~お麩フレンチトースト~
(材料)
焼き麩 20g
卵 1個
牛乳 大さじ2
砂糖 大さじ2
バター 適量

(作り方)
①卵に牛乳、砂糖を加えてよく混ぜる。
②お麩を卵液に漬け込む。
③フライパンを温めバターを溶かして両面を焼く。

画像1


この写真は、お麩10g位です。
お麩をころころひっくり返して、しっかり卵液しみこませましょう‼
お好みで、はちみつや粉糖をかけても◎

フレンチトーストと言えば、食パンをつかうことが多いと思います。
日本食品標準成分表で二つの食品を比較してみました。

▽焼き麩は食パンに比べて▽

  たんぱく質はおよそ3倍!

  脂質はおよそ3/5!(40%ほど少ない)

  エネルギーや炭水化物、食物繊維はやや多め。

となっています^^

麩は小麦粉の中に含まれるたんぱく質(グルテン)からできています。
このことから、食パンよりもたんぱく質量が多くなることはイメージできますね☆

もちろん、食パンもいろんな商品があるので全て当てはまるわけではありません。

ちょっともちっとした不思議食感のフレンチトースト。

息子には好評でしたが、娘には不評でした。残念。(^^;)笑


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

読んでくださってありがとうございます☺︎
大阪にある《共和メディカル株式会社》所属の管理栄養士。本社に1名、関西薬局住之江店に2名の管理栄養士が勤務。 調剤薬局の管理栄養士note。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。