見出し画像

イソフラボンアグリコンってなんだ。

よく耳にする、大豆イソフラボン。

もともとイソフラボンには「配糖体」と「アグリコン」という2つのカタチがあります。

イソフラボンは
お豆の中では〈糖〉とくっついた形(=配糖体)で存在し、
これらを食べて、体の中にはいると腸内細菌の働きで〈糖〉が切り離されて吸収されていきます。

この〈糖〉が切り離された状態をアグリコンといいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「イソフラボンアグリコンって何?」と聞かれ…一生懸命上記内容を説明してみましたがいまいちわからないと言われました^^💦

調べたら化学式(構造式)もでていて、「あぁここがとれるのか」となるんですが。構造式なんて、わかりにくいのでイラストで表現してみました。

アグリコン

少しはイメージができるでしょうか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでくださってありがとうございます☺︎
1
大阪にある《共和メディカル株式会社》所属の管理栄養士。本社に1名、関西薬局住之江店に2名の管理栄養士が勤務。 調剤薬局の管理栄養士note。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。