セミオン・モギレビッチ
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。

セミオン・モギレビッチ

Eiko Toda

Wikipediaの英語版の「Semion Mogilevich」をWikipediaの翻訳ツールを使って翻訳したが、以下のエラーが発生し、解決方法もどこにも見当たらないので、ここに保存しておく。

尚、英語版の編集にロックがかかっている可能性があり、構造を読みやすく若干変更し、最新情報(FBI指名手配リストへの追加)も追加した。翻訳については原文忠実派で、意訳は最小限に抑えている。

https://twitter.com/FBI/status/1511779315771400196

FBI10大最重要指名手配

罪状
❖ 電信詐欺
米国組織犯罪規正法(RICO法)陰謀
❖ 郵便詐欺
❖ マネーロンダリング陰謀
マネーロンダリング
❖ 犯罪支援・教唆
証券詐欺
SECへの虚偽の登録の提出
❖ SECへの虚偽の提出
❖ 帳簿・記録の改竄

一度目: 2009年10月23日[2]追加、2015年12月17日削除、494番目
二度目: 2022年4月6日追加

個人情報

別名(正確な発音は不明)
セバ・モギレビッチ
セモン・ユドコビッチ・パラグニュク
セメン・ユコビッチ・テレシュ
シメオン・モギレビッチ
モギレビッチ・シェムヨン
シモン・マケルビッチ
シモン・マヘルビッチ
セルゲイ・ユレビッチ・シュナイデル

生誕
セミオン・ユドコビッチ・モギレビッチ
1946年6月30日(75歳)
ソビエト連邦ウクライナ・ソビエト社会主義共和国キーウ

国籍
ウクライナ、ロシア、ハンガリー、イスラエル

身長、体重
168 cm、130 kg

職業
ロシアのマフィアのボス、信用詐欺師、実業家

配偶者
タチアナ・マルコバ(離婚)
ガリナ・グリゴリエバ(離婚)
パップ・カタリン(1991年~)

子供
少なくとも3人[1]​


セミオン・ユドコビッチ・モギレビッチ[3] (ウクライナ語: Семен Юдкович Могилевич、ラテン表記: Semén Júdkovych Mohylévych  [seˈmɛn ˈjudkowɪtʃ moɦɪˈlɛwɪtʃ]; 1946年6月30日生まれ)は、ウクライナ生まれのロシア組織犯罪のボス。米国のマフィアファミリーのような高度に構造化された犯罪組織を構築した。組織の250人のメンバーの多くはモギレビッチの血縁者である[4]。欧州連合と米国の機関では、世界のほとんどのロシアンマフィアシンジケートの「ボスの中のボス」と呼ばれている[5]。巨大な犯罪帝国を指揮していると考えられており、FBIは「世界で最も危険なギャング」と呼んでいる[6][4]。米国連邦捜査局(FBI)は「国際的な規模の武器の密売、契約殺人、恐喝、麻薬の密売、および売春」の罪で告発している[7]。

モギレビッチは「ドン・セミオン」や「ブレイニー・ドン」などの通称でも呼ばれている(そのビジネス才覚から)[8]。米国の外交公電によると、ロシア・ウクライナガス紛争に積極的に関与し、ライファイゼン銀行のパートナーでもあるロスウクレエネルゴ社[9]を支配している。

モギレビッチは現在自由の身でモスクワに住んでおり、3人の子供がいる。スルンツェフスカヤ・ブラトバ犯罪グループと密接に関係しており、元モスクワ市長のユーリ・ルシコフ、ウクライナの実業家ドミトロ・フィルタシュ、元ウクライナ保安庁長官レオニード・デルカッチなどの政治家と同盟を結んでいる[10][11][12]。2014年2月にウクライナ大統領代理に指名されたオレクサンドル・トゥルチノフは、モギレビッチに関連するファイルを破壊したとして2010年に法廷に出廷した[13]。ロシアのFSB要員で亡命したアレクサンドル・リトビネンコは、暗殺される少し前、モギレビッチは1990年代からウラジーミル・プーチンと「良好な関係」にあると主張していた[14][15][注釈 1]。

ロナルド・レーガンジョージ・H・W・ブッシュ大統領時代の1987年から1993年までFBI長官を務めたウィリアム・S・セッションズは、2020年6月12日にセッションズが死去するまで米国でモギレビッチの弁護士を務めていた[18][16]。

経歴

生い立ちと初期

モギレビッチは1946年にキーウポジール地区でユダヤ系の家族のもとに生まれた[17]。リヴィウ大学の経済学部を卒業した[18]。

モギレビッチは、まず初めに外国(1990年に自身も定住したイスラエルを含む)への移住を熱望しているソ連のユダヤ人(主にウクライナ人とロシア人)の仲間を騙して大儲けした。1980年代にはキーウから移住したユダヤ人が所有する宝飾品や芸術作品を売る仲介人として巨額を手に入れた[19]。これらのユダヤ人の資産を購入し、公正な市場価値で売却して収益を送金する取引を結ぶが、資産を売却した収益を自分の懐に収めた。通貨取引犯罪で2回(3年間と4年間)刑務所に服役した[4]。

FBIによると、1980年代、モギレヴィッチはソルンツェフスカヤ・ブラトバの主要なマネーロンダリング担当のコンタクトであった[20]。

ハンガリー

1991年の初めにモギレビッチはハンガリーに移住しハンガリー人のパップ・カタリンと結婚した。モギレビッチには少なくとも3人の子供がいる(元妻のタチアナ・マルコバとの娘、元妻のガリナ・グリゴリエバとの息子、パップ・カタリンとの息子)[1]。パップとの結婚を通じてハンガリーのパスポートを取得した。ブダペスト郊外の要塞化された別荘に住み、多数の企業に投資し、対空砲を製造する地元の兵器工場「アーミー・コープ」を購入した[21]。

1994年にモギレビッチのグループはロシア最大のプライベートバンクの1つであるインコムバンクの支配権を手に入れ[22]、同行のウラジーミル・ビノグラドフ会長との秘密取引により世界の金融システムに直接アクセスできるようになった。同行はマネーロンダリングの疑いで1998年に破綻した[23]。

モギレビッチのハンガリーのマフィアは、中華人民共和国の特に福建省ロシア語: Фуцзянь (Фуйин))および浙江省ロシア語: Чжэцзян (Жейианг))のマフィアと密接に結びついている[24]。

チェコの捜索

1995年5月、プラハでモギレビッチとソルンツェフスカヤ・ブラトバのボスであるセルゲイ・ミハイロフの会合にチェコ警察の捜索が入った。これはソルンツェボマフィアの幹部の1人の誕生日パーティーであった。モギレビッチが所有するレストラン「U Holubů」で200人のパーティー参加者(数十人の売春婦を含む)が拘束され、30人が国外に追放された[25]。警察は、ソルンツェボグループが係争中の500万ドルの支払いをめぐってパーティーでモギレビッチを殺害する計画を立てていたことについて情報を入手していた[26]。しかし、モギレビッチは到着せず、ロシアのマフィアと協力しているチェコ警察の上層部がモギレビッチに警告したと考えられている[27]。その後すぐに、チェコ内務省はモギレビッチに10年間の入国禁止を課し、ハンガリー政府はペルソナ・ノン・グラタを宣言、英国は英国への入国を禁止し、「世界で最も危険な男の1人」と宣言した[28]。

トロント取引所

1997年と1998年に、トロント証券取引所(TSX)で取引されている公開会社YBMマグネックス・インターナショナル・インクの背後にモギレビッチやミハイロフなどのロシアのマフィアが存在することをカナダのジャーナリストが暴露した。1998年5月13日、FBIと他のいくつかの米国政府機関の数十人の捜査官がペンシルバニア州ニュータウンにあるYBMの本社を捜索し、TSXで10億ドルと評価されていたYBMの株式は一夜にして無価値となった[29]。

イタリア系米国人マフィアとの有毒廃棄物スキーム

1998年、ロサンゼルスのモギレビッチの参謀の1人が、ジェノヴェーゼ一家とつながりのあるニューヨーク市の2人のロシア人に会い、ロシアでアメリカの有毒廃棄物を投棄する計画を仲介したと情報提供者がFBIに知らせた。FBIの機密報告書には、ロサンゼルス出身のモギレビッチの部下の男が、ロシアのマフィアは有毒廃棄物をチェルノービリ地方に「おそらく現地の除染当局に賄賂を渡して」処分するだろうと述べたと記載されている[4]。

マネーロンダリングと脱税

1998年まで、インコムバンクとバンク・メナテップはバンク・オブ・ニューヨークを通じて100億ドルのマネーロンダリングスキームに参加していた[30][31][32][33]。またモギレビッチには大規模な脱税への関与の疑いがあった。これは非課税の灯油を高課税の自動車燃料として販売するというもので、1990年から1991年頃に発生した最大のスキャンダルの1つである。

推定では販売された燃料の最大3分の1がこのスキームによるもので、中央ヨーロッパのいくつかの国(チェコ共和国、ハンガリー、スロバキア、ポーランド)が巨額の税損失を被った[34]。チェコ共和国では、このスキャンダルは納税者に約1,000億コルナ(約50億ドル)の負担をかけたと推定され[35]、殺人やこの問題について執筆しているジャーナリストの暗殺未遂なども発生した[36]。

2003年に、米国連邦捜査局は、カナダ企業のYBMマグネックス・インターナショナル・インクの投資家を欺くスキームに参加したとしてモギレビッチを「指名手配リスト」に追加した。以前に武器密売売春の罪でモギレビッチを起訴することに失敗して苛立っていた同局は、最大の望みとして大規模な詐欺罪でモギレビッチを拘束することにした。モギレビッチは存命中では最も強力なロシアのマフィアであると考えられていた[37]。2006年のインタビューで、クリントン政権の組織犯罪対策の責任者ジョン・ワイナーは「セミオン・モギレビッチは私が今まで出会ったことのないほど深刻な組織犯罪者であり、数々の契約殺人を命令したと確信している」と述べている[37]。

2008年1月24日にモスクワでモギレビッチは脱税の疑いで逮捕された[38][39]が、保釈金が支払われ、2009年7月24日に釈放された。ロシア内務省はモギレビッチに対する告訴は「特に深刻な性質のものではない」ため釈放されたと述べている[40][41]。

モギレビッチはイワン・フルシンと密接な関係にある[42]。

FBI10大指名手配リスト

2009年10月22日、FBIはモギレビッチを最重要指名手配リスト494番目の逃亡者として追加した[43]が、2015年12月にリストから削除した。FBIは、米国が犯罪人引渡し条約を結んでいない国に住んでいることに関連する理由で、モギレビッチはもはやリストの基準を満たしていないと説明した[44]。

FBIの報告によると、モギレビッチはカモッラ、特にジュリアーノ一派の下層部のメンバーであるサルヴァトーレ・デファルコと同盟を結んでいた。モギレビッチとデファルコは1993年にプラハで会議を開いていた[45][46]。

BIによると、モギレビッチはモスクワに自由の身で住んでいる[47]。世界中の政府の法執行機関がそれまでに10年以上にわたりモギレビッチを起訴することを目指していた。しかし、あるジャーナリストの言葉を借りれば、モギレビッチは「決して間違った時間に間違った場所に滞在しないコツ」を身につけている[48]。

モギレビッチと仲間のミハイロフは1990年代後半以降西側に渡航しなくなった[37]。

関連情報

ソルンツェフスカヤ・ブラトバ

注釈

a. ↑ 2000年のミコラ・メルニチェンコの録音で、モギレビッチと親しいデルカチがウラジーミル・プーチンも初期のレニングラード時代からモギレビッチと非常に親しい関係にあると述べている。[16][17]

参考文献

  1. ^ a b Warnock, Caroline (January 26, 2021). "Semion Mogilevich's Wife & Kids: 5 Fast Facts You Need to Know". Heavy. Archived from the original on November 11, 2021. Retrieved November 11, 2021.

  2. ^ "New Top Ten - Global Con Artist". FBI. Retrieved October 6, 2019.

  3. ^ "FBI puts crime boss Mogilevich on Ten Most Wanted list". RIANOVOSTI. October 23, 2009. Retrieved March 29, 2014.

  4. ^ a b c d Friedman, Robert I. (May 26, 1998). "The Most Dangerous Mobster in the World". The Village Voice. Retrieved January 22, 2008.

  5. ^ Glenny, Misha (2008). McMafia: A Journey Through the Global Criminal Underworld. New York: Alfred A. Knopf. pp. 72–73. ISBN 978-1-4000-4411-5.

  6. ^ Goldman, Marshall I. (2008). Petrostate: Putin, Power, and the New Russia. New York: Oxford University Press. ISBN 978-0-19-534073-0.

  7. ^ Peters, Justin (August 5, 2013). "This Obese Mob Boss Is Twice the Villain Whitey Bulger Ever Was". Slate. Retrieved April 4, 2014.

  8. ^ "Archived copy". Archived from the original on March 16, 2010. Retrieved November 9, 2010.

  9. ^ According to Ukrainian Prime Minister Yulia Tymoshenko "we have no doubts whatsoever that the man named Mogilevich is behind the whole operation called RosUkrEnergo," see The High Price of Gas by BBC News. He has denied through a lawyer any links to RosUkrEnergo, see Russia frees crime boss wanted by U.S. by Reuters.

  10. ^ Ukraine, Vanco Energy and the Russian Mob, Eurasia Daily Monitor, September 16, 2008.

  11. ^ Rachkevych, Mark (December 3, 2010). "U.S. Official: Austrian Bank's Ties to RosUkrEnergo Suspicious". Kyiv Post. Retrieved December 14, 2010.

  12. ^ Weiss, Michael (March 19, 2014). "Married to the Ukrainian Mob". Foreign Policy. Archived from the original on July 11, 2020. Retrieved November 18, 2020.

  13. ^ Byrne, Peter (December 10, 2010). "New and conflicting details emerge over Mogilevich's alleged involvement in nation". Kyiv Post. Retrieved April 8, 2014.

  14. ^ Listen: Alexander Litvinenko's apparent warning before his death By Lyndsey Telford, Edward Malnick and Claire Newell 12:00PM GMT 23 January 2015.

  15. ^ "Litvinenko Ties Putin to Crime Lord From Beyond Grave". www.occrp.org. Retrieved June 9, 2020.

  16. ^ Sterbenz, Christina (December 1, 2014). "The worst gangster most people have never heard of". Business Insider. Retrieved October 22, 2020.

  17. ^ Kupchinsky, Roman (March 25, 2009). "The Strange Ties between Semion Mogilevich and Vladimir Putin". Eurasia Daily Monitor. Vol. 6, no. 57. Jamestown Foundation. Retrieved October 22, 2020.

  18. ^ Unger 2018, p. 218.

  19. ^ Heffernan, Virginia (January 14, 2018). "Column: A close reading of Glenn Simpson's Trump-Russia testimony". Los Angeles Times. Retrieved January 25, 2021.

  20. ^ Block, Alan A.; Weaver, Constance A. (2004) All Is Clouded by Desire: Global Banking, Money Laundering, and International Organized Crime. Greenwood Publishing Group: Westport. ISBN 0-275-98330-7 p. 1.

  21. ^ "Могилевич, Семен Бизнесмен". lenta.ru. Retrieved June 11, 2021.

  22. ^ "Семен Могилевич. Венгерское досье // Оперативная справка венгерских спецслужб в отношении Могилевича - Компромат.Ру / Compromat.Ru". www.compromat.ru. Retrieved June 11, 2021.

  23. ^ Craig Unger (July 13, 2017). "Trump's Russian Laundromat; How to use Trump Tower and other luxury high-rises to clean dirty money, run an international crime syndicate, and propel a failed real estate developer into the White House". New Republic. Retrieved November 5, 2017.

  24. ^ "Article about activities in Hungary". Archived from the original on March 2, 2012. Retrieved October 7, 2006.

  25. ^ "New York court document, 2000". Archived from the original on July 1, 2007. Retrieved October 7, 2006.

  26. ^ "Moscow Telegraph on investigation of Inkombank management". Moscow Telegraph. Retrieved October 7, 2006.

  27. ^ "Оперативная справка венгерских спецслужб в отношении Могилевича (Могилевич Семен Юдкович: Венгерское досье)" [Operational information from the Hungarian special services regarding Mogilevich (Mogilevich Yudkovich: Hungarian dossier)]. FreeLance Bureau (flb.ru) (in Russian). July 19, 2000. Archived from the original on August 26, 2001. Retrieved June 29, 2021.

  28. ^ "Journal of the Czech ministry of interior, article about Russian mafias" (in Czech). Archived from the original on January 14, 2007. Retrieved October 7, 2006.

  29. ^ "Biography of Mogilevich". Lidové Noviny (in Czech). Archived from the original on November 9, 2004. Retrieved October 7, 2006.

  30. ^ Glenny (2008), pp 71–72.

  31. ^ Glenny (2008), pp 75.

  32. ^ "BBC Panorama's "The Billion Dollar Don"". BBC News. Retrieved September 15, 2007.

  33. ^ "Overview of the money laundering schemes". Archived from the original on October 5, 2006. Retrieved October 7, 2006.

  34. ^ The Wall Street Journal, September 5, 1999: "A Scheme for Ducking Taxes May Be a Key In Russia Money Probe"

  35. ^ "Testimony of Thomas Renyi, CEO of the bank, 1999". Archived from the original on September 29, 2006. Retrieved October 7, 2006.

  36. ^ "Senior manager of BoNY indicted, 2001". Archived from the original on August 14, 2007. Retrieved October 7, 2006.

  37. ^ "Overview of fuels scandal". Lidové Noviny (in Czech). Retrieved October 7, 2006.

  38. ^ Podvody s LTO zřejmě přišly stát na 100 miliard (Czech)

  39. ^ Nelegální obchody s LTO přinesly daňové úniky i vraždy (Czech)

  40. ^ a b c Glenny (2008), pg 77.

  41. ^ Guy Faulconbridge (January 25, 2008). "Russia detains crime boss wanted by FBI". Reuters. Retrieved March 29, 2014.

  42. ^ "Semyon Mogilevich, the 'East European mafia boss', captured in Moscow". Times. January 25, 2008. Archived from the original on July 24, 2008.

  43. ^ "Suspects in Arbat Prestige case released with travel ban". RIA Novosti. July 27, 2009.

  44. ^ Russia frees crime boss wanted by U.S., Reuters (July 27, 2009)

  45. ^ Betsy Woodruff (November 2, 2017). "Mueller Reveals New Manafort Link to Organized Crime". The Daily Beast. Retrieved November 5, 2017.

  46. ^ "FBI — New Top Ten - Global Con Artist". FBI. Archived from the original on October 8, 2010.

  47. ^ Babay, Emily (December 17, 2015) Philly fugitive bumped off FBI 'Most Wanted' list Philadelphia Inquirer. Retrieved January 16, 2016.

  48. ^ Federal Bureau of Investigation (1996). SEMION MOGILEVICH ORGANIZATION EURASIAN ORGANIZED CRIME (1996).

  49. ^ C. Williams, Robert (January 30, 2019). Useful Assets. Dorrance Publishing Co. Inc. p. 25.

  50. ^ "FBI — SEMION MOGILEVICH". FBI.

  51. ^ Glenny (2008), pg 76.

Unger, Craig (August 14, 2018). House of Trump, House of Putin: The Untold Story of Donald Trump and the Russian Mafia. Dutton. ISBN 978-1524743505.

外部リンク

Mogilevich's FBI Top 10 Most Wanted Fugitive Alert
Mogilevich's profile on America's Most wanted
US Senate testimony of FBI Assistant Director, includes Mogilevich
"The Billion Dollar Don" (Transcript of BBC Panorama documentary on activities in gas, YBM Magnex etc., incl. interview w. Mogilevich)
Papers from Annual Conference of the European Society of Criminology, Helsinki, 2003 (PDF, describes the YBM Magnex scheme)
Semyon Mogilevich, the 'East European mafia boss', captured in Moscow
archive today

カテゴリー

FBI Ten Most Wanted Fugitives
1946 births
Confidence tricksters
Fugitives
Fugitives wanted on fraud charges
Fugitives wanted on organised crime charges
Israeli businesspeople
Living people
Businesspeople from Kyiv
Russian fraudsters
Russian crime bosses
Russian gangsters
Ukrainian fraudsters
Ukrainian Jews
Ukrainian gangsters
Ukrainian money launderers
University of Lviv alumni
Soviet Jews
Russian businesspeople in the United States


個人用ブックマーク

https://silo.pub/mcmafia-a-journey-through-the-global-criminal-underworld.html
https://www.spectator.co.uk/article/Ukraine-s-most-wanted-an-interview-with-Dmitry-Firtash
https://twitter.com/FBI/status/1511779315771400196
https://twitter.com/bfry1981/status/1514258872093093891, https://realcontextnews.com/how-cohens-and-manaforts-ukraine-ties-tell-the-deeper-story-of-trump-russia-and-the-mueller-probe/
https://twitter.com/SteveSchmidtSES/status/1514236967965315072
https://thehill.com/blogs/pundits-blog/the-administration/334139-ukrainian-oligarch-may-be-missing-link-in-trump-russia/






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
Eiko Toda
ハンガリーの首都ブダペストに 2000 年末から在住、京都市出身、O 型、山羊座、本業は英日翻訳業、副業は週末農業の予定。note ではばったりの出会いを楽しんでいるため、スキやフォローのお返しはしていませんが、何卒ご了承ください。