見出し画像

ZoomやSkypeなどのビデオ会議に無料でアバター参加する(iPhone + Mac向け)

今世の中はビデオ会議ブームですが、ビデオ会議といえばなにかとおっさんばかり並んだ画面を見ることが多く、辛いですね。でもアバターになれば、自分もかわいい、見てる人も気分がいい、世界は平和になります。

この記事は、iPhoneとMacをお使いの方向けです。
- Android + Macの方向けの記事

まずアバターをつくる(無料)

まずは、ビデオ会議に入るためのあなたのアバターを作成します。
こちらのリンクからREALITYのアプリをお手持ちのスマホにインストールしてください。
起動したらチュートリアルに従ってアバターを作るか、ホーム画面中央下の🎦ボタンよりアバター作成しましょう。
たった1分ほどで圧倒的にかわいいアバターができました。バーチャル誕生、おめでとう。

スクリーンショット 2020-04-10 午後10.32.01

Step 0. iPhoneとMacをつなぐ

iPhoneをMacにライトニングケーブルでつなぎ、ヘッドセットをMacにつないでおきます。

スクリーンショット 2020-04-10 午後10.43.14

Step 1. CamTwistのインストールと設定

ここではCamTwistというMac用のアプリを使って、Macの画面キャプチャをWebカメラとして扱うための設定を行います。

おつかいのMacに、こちらのリンクからCamTwistをダウンロードします。
ダウンロードしたファイルを開き中にあるCamTwist.pkgファイルを開きます。
そのまま開ければいいですが、以下のようなエラーが出る場合があるので、そしたら、

スクリーンショット 2020-04-10 午後10.34.56

環境設定を開き

スクリーンショット 2020-04-10 午後10.35.49

「セキュリティとプライバシー」を開き

スクリーンショット 2020-04-10 午後10.36.50

「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」から「このまま開く」ボタンを押して

スクリーンショット 2020-04-10 午後10.37.14

「開く」と押すと、インストールできます。
※この開き方は、アプリの入手元が信頼できる場合のみ自己責任で行ってください。

Step 2. iPhoneの画面をMacに映す

Macのアプリケーション一覧からQuick Time Playerを起動し、「ファイル」メニューから「新規ムービー収録」を選びます。

スクリーンショット 2020-04-10 午後10.38.40

以下のようなウインドウが開くので、●ボタンの右の「V」を押して

スクリーンショット 2020-04-10 午後10.39.16

プルダウンの「カメラ」のところに、接続したiPhoneの名前(この例ではG-MD-なんちゃら)が表示されていると思うのでそれを選びます。

スクリーンショット 2020-04-10 午後10.39.37

そうすると、iPhoneの画面がミラーリングされるようになります。

スクリーンショット 2020-04-10 午後10.40.45

Step 3. iPhoneの画面をWebカメラとして認識させる

先程インストールしたCamTwistを起動すると以下のような画面になっているので、①一番左のボックスから「Desktop+」を選び、②その下の「Select」を押します。

スクリーンショット 2020-04-10 午後10.41.48

その後、画面右の「Settings」のところで「Configure to Application Window」を選びます。

スクリーンショット 2020-04-10 午後10.42.13

プルダウンの中に起動中のアプリ一覧が出てくるので、QuickTime Playerを選びます。

スクリーンショット 2020-04-10 午後10.44.35

ここまでやったらメニューの「View」から「Preview」を選びましょう。このウインドウで表示されているのが、Webカメラとして認識される映像です。

スクリーンショット 2020-04-10 午後10.44.51

なお、CamTwistのデフォルトの設定のままだと画質が粗くなってしまうので、メニューのPreferencesから Frame rateとVideo Sizeを以下のように設定しておくと綺麗になります。

スクリーンショット 2020-04-10 午後10.45.22

iPhoneの画面は縦長でそのまま使うと細長くなりすぎるので、お好みに応じて適宜キャプチャエリアを調整すると良いでしょう。(しなくてもいいです)
する場合は「Select Capture area」ボタンを押して、

スクリーンショット 2020-04-10 午後10.45.56

どのエリアをキャプチャするかを調整します。

スクリーンショット 2020-04-10 午後10.46.17

ここまででようやく準備が完了です。(長いけど、ここまでやるのは初回だけ)

Step 4. アバターでWeb会議に参加する

ZoomなりHangoutなりを起動し、カメラを選択するところで「CamTwist」を選ぶだけです。
※CamTwistインストール直後でカメラ一覧にCamTwistが出てこない場合は、一度再起動すると認識されるようになると思います。

ZoomならここでCamTwistを選択

スクリーンショット 2020-04-10 午後10.47.28

Google Hangoutなら、映像表示部分右下の︙を押して、

スクリーンショット 2020-04-10 午後10.48.44

Settings / 設定 から

スクリーンショット 2020-04-10 午後10.48.59

ビデオタブのカメラのところで「CamTwist」を選択

スクリーンショット 2020-04-10 午後10.49.20

以上で、REALITYアバターをカメラ映像としてビデオ会議に参加できます!音声はPCにイヤホンマイクなりを普通につないでそこから取ればOK。

以上で完了です!

ビデオ会議もアバターで楽しくかわいく、なりたい自分で生きていきましょう😘

宣伝です

みんながアバターを持ち、リアルもバーチャルも垣根なく生きていけるような世界を作る仕事をしています!積極採用中なので興味あればぜひ〜


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
おめでとうございます!福神漬けをあげます!
63
シンギュラリティの到来を1日でも早めるためにバーチャルケモミミ美少女DJとなり、Wright Flyer Live Entertainmentという会社を経営しています

こちらでもピックアップされています

お気に入り
お気に入り
  • 162本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。