見出し画像

その人自身から、得意なこと、好きなことを引き出して仕事にする

エイトシークエンスのコンサルタントは、キャリアプランをじっくりとお聞かせいただき、充実感と納得感のあるキャリアの選択をサポートしています。このシリーズでは、コンサルタントのキャリアの考えやモットーなどをお話しします。実際に話してみたいコンサルタントと出会ったら、こちらよりお問い合わせください。第二回目は、花高 良幸(はなたか・よしゆき)です。

挫折だらけの学生時代

スクリーンショット 2020-11-18 17.48.31

中学校は甲子園を目指して野球一筋。けれど膝の手術もあり、志半ばで野球を続けるのを断念しました。ここまでは、誰にでもよくある話かもしれませんが、僕の挫折は、まだ続きます。環境汚染に目を向け、大学では化学を専攻するも、今度は色弱という先天的な目の病気により、実験結果をきちんと見分けられないことが判明。こんなに不器用ですが、それでもやれるところまでやってみようと思うのには、理由があります。僕の座右の銘は「人生一度きり」。文字通り、3歳の時に肺炎で死にかけました。奇跡的に回復して、いただいたこのいのち。三度目の正直で望みをかけたのが、仕事でした。

日本の古い企業の適材適所に感じた、違和感

スクリーンショット 2020-11-18 17.49.21

持ち前の体育会系精神で思い切り働いた、一社目の商社時代。軍隊のような組織にも違和感なく馴染めて順調でした。しかし、日本企業ならではの年功序列や忖度に違和感を覚えるようになりました。その後、経営についてもっと深く学んで貢献したい思いもあり、一念発起してコンサルティングファームへ転職しました。

そこで気づかされたのは、定期的な異動で様々なポジションを経験させ、自社のジェネラリストを育てる日本の古い企業の人事制度と違って、外資系企業では、得意なこと好きなことをとことん仕事にしているということ。日本の古い企業に対し感じていた、違和感の原因のひとつが、このおかしな適材適所だったということが解りました。

さらに、コンサルタントとしてお客さんと短期集中型のプロジェクトをやっていると、お客さんの中にも、調子を崩してしまう人が必ずいらっしゃいました。先進国として、これだけ豊かな生活を送れているにもかかわらず、精神的に参ってしまう人が多い背景には、こうあるべきと常に周りの目を気にしたり、嫌々ながら無理なことをやろうとするあまり、本当に得意なことや好きなことを仕事に出来ていないのではと考えるようになりました。

得意なこと好きなことを探す、それを活かせる環境を作ること

スクリーンショット 2020-11-18 17.50.09

英語のギフトは、才能と訳します。海外では、生まれてきたら皆、神から何かしらギフトを与えられていると考えられています。そのギフトにあたる、得意なことや好きなことなら、誰しもいきいきと、いくらでも取り組めると思います。どんな人も必ずそれを持っている。それを見出すお手伝いがしたいと思い、この仕事を始めました。仕事を探す求職者様には、気づきを与えることで、得意なことや好きなことを見出して、それをもとに仕事を探して頂きます。どんな時に楽しかったとか、どんなことに夢中になっていたかなどを伺っていけば、答えはその人ご自身の中にあると思っているんです。

企業様も、社員の方が得意なことや好きなことを活かせる工夫をされたほうが、お互いにとって良い結果に繋がります。これまでの経験の中でその最たるものは、ある企業様が、ご紹介した候補者の方を高く評価してくださり、新しいポジションや役職を創るに留まらず、新しい会社を設立するまでに至ったことです。そちらの新会社様は今でも成長されていて、本当にエージェント日和に尽きる瞬間でした。

人が楽しむ仕組みを作るのが、僕の幸せ

スクリーンショット 2020-11-18 17.51.23

僕は昔から、人が楽しむ仕組みを作るのが本当に好きなんです。それに気づいたのは大学時代でして、当時アルバイトがわりにイベントを企画・運営していましたが、イベント後にお客さんから、楽しかったよと言ってもらえることが、嬉しくて仕方がなかった。エージェントは候補者の方と企業様に尽くしコーディネートしてなんぼ。得意なことや好きなことを活かせる仕事に就こうとする人に、スポットライトをあてたいんです。

花高 良幸(はなたか・よしゆき)
同志社大学工学部物質化学工学科を卒業。新卒では、東証一部上場の商社へ。2部門で、企画営業やプロジェクト管理、サプライチェーン改革、外国人スタッフマネジメントを経験。守ると創る、両ビジネスのいろはを学ぶ。
その後、より多様な価値創出と高い視座でのビジネス貢献を目指し、大手外資コンサルティングファームへ転職。M&Aやシステム刷新等の案件に従事。プロジェクトで、適材適所の重要性を痛感したことがきっかけとなり、お声がけのあったミドルクラス向け人材紹介会社へ参画。数年後、元上司の誘いもあり、新しい人材紹介会社設立へ。個人信用力のみを頼りに、新会社のブランディングを確立。2014年からかかわる人材ビジネスで最も拘ってきたのは、Win-Winの構築とご支援の品質。2019年までに約100名の候補者の方々の新天地シフトを実現したが、「転職1年以内に離職した方0名」を継続中。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
日系大手グローバル企業から中小ベンチャー企業に至るまで幅広い取引先企業との独自ネットワークをもとに、多数の非公開求人を有する人材会社です。このnoteでは、コンサルタントたちの素顔や会社のニュースなどを発信していきます。 https://www.eight-seq.co.jp/