エーちゃん
ちょっと変わった司法試験の勉強法
見出し画像

ちょっと変わった司法試験の勉強法

エーちゃん

皆さん、いつも勉強お疲れ様です(^_^)

初めまして。2012年(平成24年)の新司法試験合格者のエーちゃんといいます。

これから、司法試験の合格を目指されている方を対象に、僕がこうしたら、もっと法律の勉強は楽しく、わかりやすく、効率よくできるのではないか?というアイデアを無料で提供していきたいと思います。

自己紹介をしますと、僕は、大学3年から旧司法試験の勉強を始めるため予備校に通ったものの、大学4年生の時に旧司法試験の択一試験、ロースクール既習者試験2校、さらには大学院入試にも落ちました。

これはかなりショックで、一人暮らし中に体調をかなり崩してしまったため、しばらく実家で休養し、徐々に勉強を再開し、

無事、地元のロースクールの既修者コース2校に合格し、そのうち司法試験の合格率の高いロー(現母校)に入学することができました。

そして、課題や単位認定など大変でしたが、ローの仲間のおかげで無事2年で卒業でき、その後新司法試験を何とか一回で合格できました。

総合順位は1200番くらい、論文の順位は1300番くらいです。(平成24年度(2012年度)新司法試験)

なぜ、僕が新司法試験に一回で受かることができたかというと、一つは法律の勉強が好きだったからだと思います。

(ただ、法律の勉強が好きというのはちょっと珍しいかもしれませんね。)

また、一緒に励まし合って勉強ができたロースクールの仲間がいたこと、早い段階から過去問を解いて、ゴールを知ってから、自分に必要な勉強をしたことも大きかったと思います。

(勉強時間は体調の関係もあり、人よりは少ないと思います。)

そこで、法律家を目指している方に対して、法律の勉強を少しでも楽しんでもらえればと思って、この文章を書いています。

とくに、今「法律の勉強がつらい、苦しい」、「法律が分からないよ」、という方を対象に、ちょっと変わった、法律の勉強が楽しくなるようなアイデアを提供しようと思っています。

確かに、「楽しい」だけだと、いろんな基本書を読んだり、調べ物ばかりに時間を作ったり、司法試験とは違う方向に行きやすいですが、

僕が言いたいのは、「司法試験に合格する」という方向生は、はっきりもって、ただ、計画をしっかり立てた上で、日々の勉強(分からないところを分かるようにする、解けない問題を解けるようにする、など)を少しでも楽しく続けれた方が、良い結果につながりやすいのではないか、ということです。

やはり、「楽しいっ!」て感じながら勉強することは、情報の吸収度も違いますし、勉強からくるストレスをあまり感じずにいられるため効率的なんじゃないかと思います。

(確かに、合格者の方の多くは、しんどいけど頑張って合格した、という方も多いとは思いますが、せっかく法律を職業にするのであれば、合格後も法律が好きな方が、仕事も楽しくできるのでは?と個人的には思います。)

ただ、この方法は、僕が受験時代にとっていた方法だけではなく、司法試験合格後も趣味で司法試験の問題を解いたり、合格後修習の際に具体的な法曹(裁判官、弁護士、検察官)の皆さんの働き方から影響を受けたり、和光の研修所の教官の方々から教わったりしたことから形成されてきた考えに基づいています。

ですので、この方法を採用するかどうかは皆さんの選択に委ねたいと思います。

一人一人個性の違う受験生の方にはそれぞれ自分自身に合った勉強法があると思いますので、僕の記事をちょっと読んでみて、良さそうだと思った方は、しばらく続けてみてください。

もし、僕の勉強法を継続して効果が出ないというのであれば、僕の勉強法のアイデアは合わないということですので、こだわらずに、他のもっと自分に合った方法に進んでください。

ただ、継続する場合は、最低でも1ヶ月くらいは様子を見てみてください。なぜなら、どんな方法論であっても、その内容を実践し、かつある程度継続しないと結果は出ないと僕自身の体験から実感しているからです。

それでは、前置きはこれくらいにして、今回は「イメージ」についてのお話を始めたいと思います!

さて、司法試験の論文試験では、具体的な長文事例問題に対して、司法試験用六法のみで、事案を分析して、法的な解決方法を答案に表現するわけですが、皆さんは、事案をどのように読まれているでしょうか?

例えば、民法では、AさんやらXさんやら甲土地やら乙建物やら、と抽象的に登場人物の名前や目的物の名前が表示され、

しかも、Aさん、Bさん、Cさん、Xさん、Yさん、Zさん・・・と複数の登場人物が登場することも多いため、事案を正確に把握するのは大変だと思います。

実際に、僕も、受験時代はとにかく事案分析が不正確で、よく事案を取り違えたりしていました。

当然事案分析が不正確だと、重要な事実を落としたり、法律構成を間違えたり、論点を落としたり、ひどいときには、問題文の事実を自分の考えた法律構成に引きつけて無理矢理変えてしまったりしてしまいました(汗)。

これは、採点実感などで司法試験委員の先生方がやっちゃいけないって言われていたことですよね(^_^;

その原因の一つは、おそらく、問題文から理解される、具体的な情景(イメージ)ができていなかったことではないか、と思います。

また、皆さんの中には、当事者の関係図とかを答案構成用紙などに書かれる方もいらっしゃると思います。僕もそれをやっていました。

ただ、正直それだけでは具体的な問題文の情景がイメージはできないのではないか、ということに最近気づきました。

そこで、皆さんにおすすめしたいのは、Aさん、Bさん、Xさん、Yさん、などの当事者の名前を具体的な名前に置き換えることです。

例えば、問題文や誘導から一番困っている当事者の名前(AやXなど)を自分自身の名前(名字や名前など)に置き換えて、請求したい相手を友人や知人の名前(名字)にすることをしてみてください。
(別にイメージできれば直接の知り合いでなくても芸能人や歌手などでも構いません(^_^;)

また、土地や建物も自分が今現在住んでいる土地や建物をイメージしたり、過去に住んでいた土地建物(実家など)をイメージしたりしてみてください。

また、例えば、車が問題文に出てきたら、好きな車の名前や形、色などをイメージするとか、とにかく、具体的な情景がイメージできるよう工夫することです。

実践的には、最初は問題文のAとかXとかの横に上で述べたような実際の名前(自分や知人やその他の人の名前)、土地や建物も自分が住んでいる地名(○○県、△△市、□□町、何とか番地、~マンションなど)、それから、車やその他の物も具体的な名前(車名や有名な画家の名前など)を書き込むと、イメージしやすいかもしれません。

勿論、この方法は、時間がかかりますので、最初は苦手な科目の短い問題文(例えば旧司法試験の論文問題くらいの長さの問題)で試してみるとよいと思います。

また、このイメージの方法は論文問題だけでなくて、基本書や予備校のテキストに出てくる典型的な事例についても使えます。

それによって、基本書や予備校テキストの内容が具体的に理解できるようになり、法律の要件や解釈の理解も深まると思います。

慣れてくると名前とか地名、車名などを実際に記入しなくても、問題文を読むことで、具体的な情景がイメージできるようになるのではないかと思います。

もう一つは、知らない地名や物、言葉などが出てきたら、逐一ネット(GoogleやYahoo!など)で画像検索をしてみると、イメージがし易いと思います。

やはり、言葉というものはその物を指し示すツールで、その物自身ではないため、実際に問題文中に出てくる人物、場所、建物、物などを画像からイメージできた方が、問題文を読んだときの事案の理解度は高まると思います。

これは、スマホで文字を入力してポチッと画像検索するだけなので、意外と時間はかかりませんので、是非少しずつでも試してみてください。

特に、行政法の司法試験の論文問題には個別法といって、いろんな法令(例えば建築基準法)が参照条文として載っており、一つ一つの条文の文言の中で、意味の分からない単語にもよく出くわしますので、確かに面倒ですが、少しずつスマホやパソコンで画像検索してみるとよいと思います。

自分自身やってみると、行政法の個別法の条文の理解が進みました!

ちなみに平成30年の司法試験の憲法の採点実感でも「本問は,我々が日常経験することの多い事象を扱っているが,規制図書類やこれを規制することの影響について現実感をもって的確にイメージできていないと思われる答案が少なくなかったことは残念であった。」というように「イメージ」の大切さが述べられています。

このように、まずイメージによる問題文の読み方という基本的なところを押さえることができると、問題文の事実を法律的に分析することもし易いと思います。

皆さん、どのように思われたでしょうか?

「イメージが大事」というと、うさん臭いようにも思われるかもしれませんが、実際に、司法試験を上位合格されている知り合いの法曹(弁護士や裁判官)の友人の話を聞いていると、だいたい、彼らは事案の具体的なイメージが明確にできているなあ、という印象を感じました。

それでは、以上の方法を具体的に問題文を解く際に実践してみてください。

ここまで、お読み頂きありがとうございました。

この記事が、少しでも皆さんのご参考になれば幸いです。

くれぐれも体調には気をつけて。    

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
エーちゃん