COVID-19 updates 10/28/20感染者はどこで生まれているのか?スピルオーバー現象の単純モデルWhere are the infected people born? A simple model of the spillover phenomenon

流行曲線が山を越えた後、一定数の感染者が持続する状態の正体を単純なモデルで説明します。

魚にも致死率1%程度のウイルス感染症があります。バケツの中の魚たちにウイルスが拡がると死んでしまう魚もいますが、一方元気にみえる魚もたくさん残ります。元気に見える魚は隣のきれいなバケツに移されます。しばらくするとそのバケツの中にも病気が拡がります。元気にみえる魚は次の隣のバケツに移されます。これがずっと繰り返され続けるとすると、隣のバケツの魚に免疫がない限りは、バケツの中から一定数の病気の魚たちが見つかり続けることになります。

ヒトの日常的な行動範囲と属する集団には各人に囲いがあります。私の囲いと私の友達の囲いは重なるけれども少しずつずれていきます。この囲いどうしの長い長い友達の鎖を感染が伝播していくのです。

バケツの中で起きているのが「家庭類似環境感染」、バケツからバケツへの感染が「コミュニティ感染」です。
「家庭類似環境感染」は、10人以下の濃厚接触環境であることが多く、感染伝播の46~66%を占めています。シェルターでは66%、老人ホームでは62%、寮では80%が感染します。ホットスポットは、短期間に多くの親密な接触を持つことができる環境や住宅です(350)。
「コミュニティ感染」はわずか1匹でも起こりえます。パンデミックを維持する1番目と2番目のエンジンがこの二つです。

実際の社会では、バケツの列が何本も並んでいます。途中のひとつのバケツに複数の別々の列から元気にみえる魚が移された後、また各々の元の列のバケツに戻る出来事が、イベントや集会など不特定多数の集まりです。感染のなかった列にも飛び火します。今は何本か限定された数のバケツの列での感染の連鎖に留まっているために、定常状態になっているものと考えられます。

「国際的な長距離感染」は、パンデミックを維持する3番目のエンジンです。わずか数回の感染イベントで世界中の任意の2人の個人間でウイルスを感染させることができます。伝播のネットワークを形づくるのは数人で済みます。

「家庭内類似環境感染」はネットワークが密なため、ワクチンによる免疫付与や社会的隔離が有効に働きますが、「コミュニティー感染」や「長距離感染」は、感染感受性さえあれば少ないネットワークで成り立つために、免疫の蓄積には反応しにくいと考えられています(351)。

A simple model explains the identity of the condition that persists in a certain number of infected people after the epidemic curve has crossed the mountain.

Fish can be infected with a virus that has a mortality rate of about 1%. If the virus spreads to the fish in the bucket, some of them will die, but there will be many healthy looking fish left behind. The healthy-looking fish are transferred to a neighboring clean bucket. After a while, the disease spreads to that bucket. The healthy looking fish are moved to the next bucket, and so on. If this continues for a long time, unless the fish in the next bucket are immune, a certain number of sick fish will continue to be found in that bucket.

Each human being has an enclosure within the scope of their daily activities and the group they belong to. My enclosure and my friends' enclosures overlap, but they gradually shift. The infection is transmitted through this long chain of friends between the two enclosures.

Transmission occurring in a bucket is "Household-like environmental transmission" and bucket-to-bucket transmission is "Community transmission".
"Household-like environmental transmission", which is often in environments with 10 or fewer people in concentrated contact, accounts for 46-66% of transmission. 66% of infections occur in shelters, 62% in nursing homes, and 80% in dorms. Hotspots are environments or residences where one can have a lot of intimate contact in a short period of time (350).
"Community infection" can occur in as few as one fish. These two are the 1st and 2nd engines that sustain a pandemic.

In a real society, there are several rows of buckets in a row. The event of transferring a healthy-looking fish from several separate rows into one bucket along the way, and then returning to each of the buckets in the original row, is an events, gatherings, and other unspecified gatherings. It also spills over into the rows that were not infected. It is now considered to be a steady-state event because it remains in the chain of infection in a few limited numbers of bucket rows.

The "International long-distance transmission" is the 3rd engine that keeps the pandemic alive. In just a few transmission events, the virus can be transmitted between any two individuals around the world. It only takes a few people to form a network of transmission.

While"Household-like environmental infections" have a dense network, and therefore immunization with vaccines and social isolation are effective, "Community infections" and "Long-distance infections" are thought to be less responsive to the accumulation of immunity because they consist of a small network, as long as there is susceptibility to infection (351).

(350)

(351)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければシェアお願いいたします。
1
東京都府中市にある「えはら医院」です。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する最新情報を発信しております。 当院の詳しい診療情報は eharaclinic.com からご覧ください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。