WISHING"Road To Recovery" 01/07/21(1)オリンピックまでに集団免疫は可能か?Future trends depend on vaccination simulation

ゲームの勝敗は、複数のシナリオを準備し迅速に対応できるかどうかに大きく左右されます。そのために必要なものはシミュレーション力です。逆に、試験でも戦いでも、シミュレーション力の優劣が明らかになった時点ですでに勝敗は決しています。

実際のワクチン接種は予定通りに進まないことが明らかになっています。集団免疫獲得のために米国で必要とされる1回目のワクチン接種を完了できるのは、夏の終わりから秋に入ってから、そして、集団免疫の効果が得られるのは年末ごろと推定されています(441)。

集団免疫獲得のために日本の人口の70%がワクチンを受ける必要があるとすると、8,400万人が2回ずつ、つまり16,800万回の接種が必要です。これをファイザーかモデルナのワクチンだけでカバーする場合は特殊冷凍庫の配置が必要なので、6000万本のインフルエンザワクチンを2~3か月間で接種完了できる全国の診療所インフラを使用することはできません。

日本の中学校の総数は約1万校です。中学校の1学区域に1集団接種会場を設営すると仮定します。1学区域あたり16,800件の接種件数が必要です。臨時的に何名の医師を週に何時間ずつ拘束できるかどうかは人為的意思決定しだいですが、例えば、週に5日間、1日に2人ずつの医師が勤務して、1人が予診担当、1人が筋肉注射によるワクチン接種を担当するとします。数時間で1日100件ずつ接種するならば、33.6週間、235日間、7.8ヵ月が必要になります。200件ずつならばその半分で済みますが、医師2名体制で継続的に実行可能かどうか怪しくなってきます。

したがって、診療所でも接種できるオックスフォードなどのワクチンを早い時期に承認、供給できなければ、オリンピック前までの集団免疫獲得は夢物語に終わります。

実行可能なワクチン接種のシミュレーションは、今最優先で取り組むべきことのひとつであり、ワクチンの有効性と接種にトラブルがない場合という最も楽観的なシナリオを知るためにも必要なことです。

Winning or losing a game largely depends on the ability to prepare for multiple scenarios and respond quickly. What is needed for this is the ability to simulate. Conversely, whether it is an exam or a battle, the winner is already determined when the superiority of simulation skills becomes apparent.

It has become clear that actual vaccination will not proceed as planned. It is estimated that the first dose of vaccine required in the U.S. for herd immunity will not be completed until late summer or fall, and that herd immunity will not be effective until the end of the year (441).

If 70% of the Japanese population needs to be vaccinated to achieve herd immunity, 84 million people would need to be vaccinated twice each, or 168 million doses. Covering this with only Pfizer or Moderna vaccines would require the deployment of special freezers, which would not be possible using the nationwide clinic infrastructure that can complete 60 million flu vaccines in two to three months.

The total number of junior high schools in Japan is about 10,000. Assuming we set up one mass vaccination site per school district, we would need 16,800 vaccinations per school district. It is up to human decision-making to determine the number of hours per week that can be allocated to each doctor on a temporary basis, but let's say that two doctors work five days a week, one in charge of pre-vaccination and one in charge of intramuscular vaccination. If we were to do 100 vaccinations a day in a few hours, it would take 33.6 weeks, 235 days, or 7.8 months. 200 vaccinations at a time would only take half that time, but it would be doubtful if it could be done continuously with two doctors.

Therefore, unless Oxford and other vaccines that can be administered in clinics can be approved and supplied at an early stage, the acquisition of herd immunity before the Olympics will be a pipe dream.

Simulation of feasible vaccination is one of the top priorities right now, as it is necessary to know the efficacy of the vaccine and the most optimistic scenario of a trouble-free vaccination.

(441)

https://www.washingtonpost.com/politics/2021/01/04/health-202-when-will-2021-feel-normal-again-here-what-eight-experts-predict/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければシェアお願いいたします。
7
東京都府中市にある「えはら医院」です。 最新の科学論文を中心としたエビデンスに基づく情報を独自の角度から分析し、これから何が起こり、私たちはどうすべきなのか、についてのヒントと指針を提供し続けています。当院へのアクセスはeharaclinic.comからどうぞ。