WISHING"Road To Recovery" 02/08/21(2)もしもみんながワクチンを打たなかったら~ワクチン・キャンペーン「No More Pandemic」パンフレットIf Everyone Weren’t Vaccinated - Our Vaccine Campaign Brochure

ワクチンが怖いという話の前に、肝心なのはそもそもワクチンが必要な理由です。

最新の報告から
①一度コロナに罹った人が未感染の人と同じように突然変異株にもう一度感染してしまう【2月7日】【1月31日】
②すでに国内に突然変異株は存在している【2月2日】
ということがわかっています。これらは何を意味するのか?

1年間みんなで辛抱し続け、多くの感染者と死者を出してきたのにもかかわらず、まだ流行が始まったばかりのちっぽけな量でしかない突然変異株にとっては、この国は1年前の今頃と同じように、抵抗力をもたない1億人の宿主がそこら中に拡がっている白紙状態の世界です。突然変異株はこれまでよりも感染力が強く、これまでと同じ努力で同じ感染防止力は期待できません。

もしも、みんながワクチンを打たないとしたら、これまでの一年間と同じ生活、同じ出来事が繰り返されるでしょう。むしろ、もはや掛け声に対する反応は時間と共に消えていくので、何倍も高い感染者と死者の山を築き上げる可能性が高いでしょう。
さらに、コロナに対する免疫が不十分な人の集団プールからは、自然淘汰圧によって、既感染やワクチンによる免疫をすり抜ける、感染力の強い、次の変異株が現われやすいので、流行は制御不能になっていきます。【2月2日】

幸い、今あるワクチンは突然変異株に対しても一定の有効性があります。【1月13日】【1月23日】【2月7日】そのワクチンを突然変異株の流行の早いうちから打ち始められるということは、一年前と違って、感染しにくい人を早くから増やしていけるということです。当然接種率は高ければ高いほどよく、最低でも対象者5人のうち4人以上が接種することが集団免疫を達成するために必要と考えられています。打ちたくても接種がかなわない人が実際にいることを考えると、打ちたいか打ちたくないかに任せていては到達できない数字です。【2月1日】接種のスピードが早ければ早いほど、突然変異株の増殖しやすい宿主プールを小さくすると同時に、感染拡大のスピードを落とすことができます。新たな変異株出現の可能性も下げることができます。

パンデミックはもうこりごりです。

Before we talk about the fear of vaccines, I think it is more vital to talk about why we need vaccines in the first place.

From the latest reports
(1) People who have been infected with corona once can be infected with the mutant strain again in the same way as uninfected people [February 7], [January 31].
(2) The mutant strain already exists in Japan [February 2].
What do these mean?

After a year of perseverance and many infections and deaths, the country is still the same blank slate as it was a year ago, with a hundred million hosts with no resistance spread all over the place. The mutant strains are more infectious than ever, and the same efforts cannot be expected to provide the same protection.

If everyone does not get vaccinated, we will live the same life and repeat the same events as in the past year. Rather, the response to the call will fade over time, and we will likely build up a pile of infected people and deaths that is many times higher.
Moreover, the epidemic is likely to get out of control as natural selection pressures will allow the next highly infectious strain to emerge from the population pool of people with inadequate immunity to coronas, slipping past existing infections and vaccine immunity [February 2].

Fortunately, the vaccine we have now has some efficacy against mutant strains [January 13] [January 23] [February 7]. Being able to start administering the vaccine early in the epidemic of mutant strains means that, unlike a year ago, we can increase the number of people who are less susceptible to infection early on. Naturally, the higher the vaccination rate, the better, and if possible, it is considered necessary to have more than 80% of the target population vaccinated in order to achieve herd immunity. The faster the vaccination, the smaller the host pool in which mutant strains can proliferate, and at the same time, the slower the spread of infection. It also reduces the possibility of new mutant strains appearing.

No more pandemics.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Many Thanks to you
8
東京都府中市にある「えはら医院」です。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する最新情報を発信しております。 当院の詳しい診療情報は eharaclinic.com からご覧ください。