編集のがっこう 校長

「編集のがっこう」校長 兼 Pomalo株式会社コンテンツスペシャリストの澄川恭子のnote。これからのコンテンツ時代に編集力を磨こう!をスローガンに、若い才能を発掘や育成、編集力の生かし方を日々考え続けています。

編集のがっこう Vol.1〜5

雑誌、ウェブ、SNS、LABOを立体的に提案していた元編集長の経験とITで学んだ知識を合体させ、編集力×デジタルを武器に、企画・運営・分析をするPomalo株式会社のチーフコンテンツオフィサー、澄川恭子による「これからのコンテンツ時代に必要な編集力」について多角的に考えるマガジンです。リアル「編集のがっこう」の講義内容を通して、情報収集の方法、企画立案、見出しの立て方、問題点を洗い出す数値の見方など、編集の基礎を手っ取り早く身につけるノウハウ5回分の講義をマガジンでまとめて読めるお得なセットです。

すべて見る
  • 6本
  • ¥1,650

編集のがっこう<Vol.5>指標を読み解けば、コンテンツの問題点と改善点がわかる

こんにちは。編集のがっこう校長です。今回は、WWD JAPAN.comの編集長、村上 要さんが再登場。指標を読み解き、コンテンツの問題点と改善点をあぶり出す方法を学ぶ回です。 読者アンケートハガキの結果を参考に次号の内容に反映させるという時間も手間もかかる雑誌とは違い、どれくらいの記事が見られているか、どこからその記事にやってきたのか、瞬時にわかるのがウェブの最大の特徴です。指標を読み解く力を養い、コンテンツ改善に生かしていきましょう。 目次 ・基本的な指標を理解すること

スキ
10
有料
480

編集のがっこう<Vol.4>心を惹きつける見出し術

編集のがっこう、今回は「心を惹きつける見出し術」について学んでいくことにします。 ファッション雑誌をつくっていた頃、表紙に載せる見出しは命でした。読者が書店に行ってずらっと並んでいる数々の雑誌の中から手に取ってもらうために、他紙にはない視点や共感される見出しをいかに表紙に入れられるかに心を砕き、100本ノックのように見出しを出し続けていました。 考えて見ると、雑誌はウェブで例えると、なんて階層が深いんだ! と改めて驚きます。だって、書店に並んだ数え切れないほどの雑誌の中か

スキ
10
有料
480

編集のがっこう<Vol.3>正しい企画の立て方を学ぼう

編集について学ぶ「編集のがっこう」の講義2回目前半の全内容です。 前半は、ものをつくる=企画の立て方、それも行き詰まらない正しい方法で考える脳ミソを身につける内容になっています。 目次 ・企画を立てるとき、まず最初に考えるべきこと ・3つのポイントを押さえれば正しい方法で企画が立てられる ・展開方法には型があった ・ファッションやビューティ、ライフスタイルコンテンツの場合、「キャラクター」とは何を指すのか? 企画を立てるとき、まず最初に考えるべきことうだうだと解説しよう

スキ
10
有料
480

編集のがっこう<番外編>生徒に課された課題と考え方をチラ見せ

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
11

編集のがっこうサロン ここでしか言えない編集長の本音 1

「編集のがっこう note編」のためにメジャー雑誌やウェブメディアの編集長たちをお酒で酔わせ、本音を語らせるマガジン。 他では絶対に聞き出せない内容が満載です。 今回は、20〜30代の女性たち(なんなら40代も)に支持されている女性雑誌『Classy.』の編集長・今泉祐二さんと語った「編集長の賞味期限」なども入ったレアトークです。

すべて見る
  • 2本
  • ¥980

編集のがっこう サロン――ここでしか言えない編集長の本音 Vol.1<前半>『CLASSY.』今泉祐二氏

「編集のがっこう」をレポートする場だけではつまんないなーと思い立ち、編集長だった過去の栄光を振りかざし、さまざまなメディアの編集長や面白い編集者たちに会いに行こうと決意。 記念すべき第一回のゲストは、右肩下がりの雑誌不況のなか、堅調っぷりを発揮する『CLASSY.』編集長、今泉祐二さん(以下文中、今ちゃん)。 編集長時代に偶然仲間を介して飲み、意気投合。 以来、さまざまな海外ブランドの要人が来日し宴席が開かれる度、PRが席順に困ると、私と今ちゃんを隣の席にしてくれるとい

スキ
12
有料
700

編集のがっこうサロンーーここでしか言えない編集長の本音 Vol.1<後半> 『CLASSY.』今泉祐二氏

編集長だった過去の栄光を振りかざし、メジャー雑誌編集長にまっさらな気持ちでインタビューに行く企画。お酒を飲みながら話し込んだこともあり、内容がディープになった前半からの続きをお届けします。 さて後半は、 目次 ・編集長の賞味期限 ・飽きるのは読者じゃない。編集者だ ・編集者に必要なものってなぁに? ・得体の知れない職業、編集って ・伝えるツールではなく、伝える内容にこだわりたい 編集長の賞味期限 CLASSY.編集長今泉氏(以下 今泉):前々から飲んだときによく話して

スキ
15
有料
500