編集のがっこう 校長

「編集のがっこう」校長 兼 Pomalo株式会社コンテンツスペシャリストの澄川恭子のnote。これからのコンテンツ時代に編集力を磨こう!をスローガンに、若い才能を発掘や育成、編集力の生かし方を日々考え続けています。
編集のがっこう Vol.1〜5
編集のがっこう Vol.1〜5
  • 6本
  • ¥1,650

雑誌、ウェブ、SNS、LABOを立体的に提案していた元編集長の経験とITで学んだ知識を合体させ、編集力×デジタルを武器に、企画・運営・分析をするPomalo株式会社のチーフコンテンツオフィサー、澄川恭子による「これからのコンテンツ時代に必要な編集力」について多角的に考えるマガジンです。リアル「編集のがっこう」の講義内容を通して、情報収集の方法、企画立案、見出しの立て方、問題点を洗い出す数値の見方など、編集の基礎を手っ取り早く身につけるノウハウ5回分の講義をマガジンでまとめて読めるお得なセットです。

編集のがっこうサロン ここでしか言えない編集長の本音 1
編集のがっこうサロン ここでしか言えない編集長の本音 1
  • 2本
  • ¥980

「編集のがっこう note編」のためにメジャー雑誌やウェブメディアの編集長たちをお酒で酔わせ、本音を語らせるマガジン。 他では絶対に聞き出せない内容が満載です。 今回は、20〜30代の女性たち(なんなら40代も)に支持されている女性雑誌『Classy.』の編集長・今泉祐二さんと語った「編集長の賞味期限」なども入ったレアトークです。