見出し画像

イラストを描くを試行錯誤③|画像トレースを利用

前回はPC版Illustratorで仕上中、ぼかしと影の部分をうまくなじませられず、お手上げになってしまいました。

\前回はこちら/

「影もなく、もっとシンプルにしてみてもいいのではないか?」

と思い立ち、さらに「シルエット」でイラストをとらえるのなら

「Illustratorの『画像トレース』を使えばいいんじゃ?」

と気づいたので、挑戦してみたいと思います。

今回は、以前に描いたこちらの絵でチャレンジしてみますっ

画像1

ちなみに・・・

「わたし、最初から『画像トレース使わないの?』って思ってた」

って方、正解です!めっちゃ簡単でしたっ

①Procreateでイラストをシンプルにする

画像2

Procreateでシンプルに描いてみました。

トレースしやすいよう、ブラシを

「ドライインク」→「シロップ」もしくは「スタジオペン」

に変更しています。

以前「ドライインク」で描いた絵を、画像トレースしたことがあります。ドライインクで描いたかさかさした線がトレースされると、とても粗くなってしまい、気に入らず「使えない・・・」と思いこんでいたのです。

なので、もっとシンプルな「サインペンで描いたような線」の方がうまくいくのではないかという予想です。

あと、レイヤーも分けています。

①黒い線のみ ②顔と手 ③髪と服

①黒い線のみ
②顔と手
③髪と服

の色ごとに3枚に分けてPNGで保存し、Illustratorへ。

②Illustratorで画像トレースする

画像3

えーーーーーーーーーーーっ

っていうほど、簡単にきれいにできた!

簡単に「ラスター」から「ベクター」のイラストに変わりました。(見た目じゃ全然わかんないっ)

今までの試行錯誤はなんだったんだろう・・・とショックを受けつつ、新しい手法ゲットに喜びもおぼえます。

さて、もう少しいい感じに仕上げたいと思います。

③整えて雰囲気を作る

せっかくなので、もうちょっと雰囲気のあるイラストにしていきたいと思います。

画像5

「版ずれ」とよばれる線とベタ部分がずれているイラストにしました。

おぉ!かわいい~

とひとりでホクホクしながら、仕上がりとしたいと思いますっ

次の課題

「線もオブジェクトだから直すの難しいんだよな・・・」

と思いながら仕上げまで来ましたが、もしやと思い確認したら

画像6

ありました!線でトレースしてくれるのっ

次はこっちでトレースして、イラストを描いていきたいと思います!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうっ!!!
イラストとデザインしてます。Illustrator8.0からの技術をもっと刷新し、気楽にイラレでイラストを描こうと試行錯誤しております。 【イラスト環境】 iPadpro/winPC Procreate/iPad版Illustrator/PC版Illustrator