見出し画像

イラストを描くを試行錯誤⑦|ペンツールでオブジェクトを作り色を塗る

前回は、イラストの主線をつなげてオブジェクトを作り、色を塗っていくというお話しでした。

\ 前回はこちら /

イラストに色をつけていく方法は3つ考えてあります。

①切れている線をつなげて形をつくる
②ペンツールで新たに形を描く
③ライブペイントを使う

今回は②の方法でショールに色を塗っていきます!

ペンツールで形通りにパスを描く

画像1

このショールの部分に、ひとまず適当にペンツールで描いていきます。

画像2

こんな感じ。ここまでは楽勝。

これをハンドルをいじって形を整えていきます。

画像3

ハンドルとは、このアンカーポイントの横に出ている棒です。

ハンドルで形を整えていく

画像4

え~ちょっと大変やった!💦

ハンドルをいじり、アンカーポイントをいじりして、主線と同じ形にするのはちょっと大変。しかし、前回の主線をつなげるよりは簡単だったかも。わりに単純な形だからというのは影響しているかな。

レイヤーをどうしようか問題

髪の毛とレイヤーをどうしようかな・・・ってとこで、問題発生。

画像5

髪の毛のレイヤーよりショールのレイヤーを上にすると、右側の髪の毛がショールにかくれてしまう。

画像6

髪の毛のレイヤーの下にショールのレイヤーを置くと、左側の髪の毛がショールの上に来てしまう・・・

ショールのオブジェクトを2分割してレイヤーを分けるか?とも思ったけど、左の髪は暗くするので、もう一枚レイヤー作るかも。

ということで、ひとまずはそのままで次に進めます。

画像7

今回はここまで。

次の課題

「②ペンツールで新たに形を描く」は、主線を見ながら、ざくざくとアンカーポイントを打つのは簡単。次の主線通りに形を整えていくのがちょっと面倒・・・でした。

次回は

③ライブペイントを使う

をやってみたいと思います!

ライブペイントはまだ使ったことがないツール!なので楽しみですっ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうっ!!!
イラストとデザインしてます。Illustrator8.0からの技術をもっと刷新し、気楽にイラレでイラストを描こうと試行錯誤しております。 【イラスト環境】 iPadpro/winPC Procreate/iPad版Illustrator/PC版Illustrator