見出し画像

イラストを描くを試行錯誤④|ラインアートで主線をトレース

前回は「画像トレース」を使ったら、簡単にイラストをラスタ形式からベクタ形式にできた!というお話しでした。

\ 前回はこちら /

しかし、主線もオブジェクトとしてトレースしているため、太くしたりほそくしたり、整えたりがちょっとめんどくさい。できたら線としてトレースして欲しいと思ったら・・・ありました「ラインアート」ってものがっ

ということで、今回は主線をラインアートでトレースしてみたいと思います。

①主線をラインアートでトレースする

画像1

前回でも使用したこちら、Procreateで描いたイラストの主線だけです。これを「ラインアート」でトレースしてみます。

画像2

「画像トレース」のプリセットを「ラインアート」にした以外は、デフォルトのままです。

画像3

はい!オブジェクトではなく、線になりましたよ~

「マジか!」って感じで簡単に線になり、修正もしやすく、太くも細くもしやすくなりました。

これを整えていきますっ

②線を整える

さて、ここからアンカーポイントとハンドルをいじってなめらかにしていきたいと思います。

画像4

ほら、こことかこことかこことか、うにって歪んでいるでしょう。こうゆうのをきれいにしていきたい!

画像6

意外とあちこちブツブツと途切れていたので、連結させたり、いらないアンカーポイントを削除をしたり、ハンドルをいじってなめらかな曲線にしたり・・・


画像5

で、整えてこないになりました!そしてところどころ主線が途切れた感じも追加!そんなことも簡単!で、ひとまず完成~

ひとつひとつ整えるのはそれなりに大変だったけど、オブジェクトになっているよりは簡単にいじれるっ

次の課題

ということで、Procreateで描いたイラストを元に、Illustratorで簡単にベジェ曲線化させることができました!

線さえあれば、つなげて簡単にオブジェクトにもなりますっということで、次回は切れているとこのアンカーポイントを連結させ、クローズドパスを作り、色を塗っていきたいと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうっ!!!
イラストとデザインしてます。Illustrator8.0からの技術をもっと刷新し、気楽にイラレでイラストを描こうと試行錯誤しております。 【イラスト環境】 iPadpro/winPC Procreate/iPad版Illustrator/PC版Illustrator