見出し画像

イラストを描くを試行錯誤⑤|トレース前にはブラシの調整が必要

前回は「ラインアート」で主線をトレースしたら、簡単にラスタ形式からベクタ形式の線に変換できたって話でした。

\ 前回はこちら /

今回は前回のイラストに色をつける予定でしたが・・・

もう少し「ラインアートでトレース」を試したくなり、新しいイラストを用意しました。再び、主線トレースをやっていきます!

①主線をラインアートでトレースする(ブラシ:ドライインク)

画像1

今回はこちらのProcreateで描いた絵を使っていきたいと思いますっ

まずは、この絵の主線だけにします。

画像2

そして、こちらをPC版illustratorでトレースします。

「画像トレース」でプリセットを「ラインアート」にします。

画像6

こんな感じでトレースされました。

しかし、なんだかいまいちすっきりとトレースされません・・・線はガタガタ、途切れ途切れ。これでも数値を何度も試して一番良かったものです。

「もしやブラシに影響されているのでは?」と思ったので実験をしてみました。

②実験:トレース結果はブラシの種類に影響されるか

画像4

まず、Procreateで「ドライインク」と「スタジオペン」の2種類のブラシで、直線を描いてみました。これを「ラインアート」でトレースしてみます。

画像5

ね。左のガタガタ感よ・・・ドライインク特有のザラっとした質感までトレースしようとするのね。そうゆうことね。

ということで、きれいにトレースしたければ、スタジオペンなどのすっきりした線でないと難しいということがわかりました。

先ほどのイラストの主線は、ドライインクで描いたものでしたので、スタジオペンでの主線に直します・・・

③主線をラインアートでトレースする(ブラシ:スタジオペン)

画像6

こちらがスタジオペンで描き直したものです。これをトレースしたいと思います。

画像7

うん、すっきりとトレースされました。

画像8

比べてみると、こんなに違います!

ではスタジオペンの方を整えていきたいと思います。

次の課題


画像9


無事に整えられました。

次こそ色を塗っていきたいと思いますっ

現時点で思いついている色の塗り方は、

①切れている線をつなげて形をつくる
②ペンツールで新たに形を描く
③ライブペイントを使う

あたりでしょうか。

実はまた「ライブペイント」を使たことがないので、ぜひチャレンジしてみたいです!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうっ!!!
イラストとデザインしてます。Illustrator8.0からの技術をもっと刷新し、気楽にイラレでイラストを描こうと試行錯誤しております。 【イラスト環境】 iPadpro/winPC Procreate/iPad版Illustrator/PC版Illustrator