見出し画像

【会社紹介 #1】イークラウドはどんな会社?

初めまして!イークラウドの升井です。
イークラウドのことを知ってもらうために、定期的にnoteで情報発信していこうと思います。

イークラウドは、株式投資型クラウドファンディング事業を行うFintech企業です。

株式投資型クラウドファンディングとは…
非上場のベンチャー企業が株式を発行することにより、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める仕組みです。

イークラウドでは、一緒に事業を成長させてくれるメンバーを絶賛募集中!
今回は「イークラウドがどんな会社」なのかを、自己紹介と合わせてご紹介させていただきます!

イークラウドの基本情報

スクリーンショット 2020-06-19 16.21.21

コーポレートサイトより

イークラウドは「投資家に魅力的な投資の機会を創造し、挑戦者に新たな資金調達手段を提供する」をミッションとして、現在株式投資型クラウドファンディング事業への参入を目指しているFintech企業です。

2018年7月に創業した会社で、2018年11月には大和証券グループ本社の100%子会社であるFintertech(フィンターテック)より約4億円の資金調達を行っています。
まずは株式投資型クラウドファンディング事業を成功させ、将来的にはFintech領域で新たなサービスの展開を目指します。

代表の波多江が、「イークラウドを創業した理由」について自身の想いをnoteにまとめているので、こちらも是非ご覧下さい!

イークラウドのメンバーについて

様々な経験・バックグラウンドを持つメンバーで構成されています。
ITベンチャー出身、ベンチャーキャピタル出身、金融機関出身など本当に多様です。

各メンバーに共通していることは、金融出身者もIT出身者も継続的に専門性を磨いて、本気の議論を通じた意思決定を積み重ねて行動すること。そして事業の成長、市場の成長に貢献することを考えていること、です。

色んな領域のプロフェッショナルがいるので、働くのがワクワクする環境だと個人的には感じています。

升井の自己紹介

画像2

升井 亮(ますい りょう)
京都大学経済学部卒業後、サイバーエージェントに入社、最注力事業AbemaTVの経営企画部門にて戦略立案に従事。その後XTech Venturesにて、D2C・人材・広告・ヘルスケア等、8社の投資実行を担当。2018年7月、イークラウド創業し、執行役員に就任。

僕は新卒でサイバーエージェントに入社し、AbemaTVの経営企画部門でサービス全体の戦略設計や分析等に携わっていました。

その後XTechに入社し、イークラウドの立ち上げ・XTech Venturesでベンチャー投資に携わり、現在はイークラウドの立ち上げに専念しています。

僕のベンチャーファイナンスの知識、経験はXTech Venturesでの業務を通じて培われました。
XTech Venturesでは、GPを務める手嶋の弟子として共に動き、起業家からの事業相談、投資実行、調達後の支援を行いました。この経験で得たもの、手嶋から学んだものはイークラウドを立ち上げる上でも大きな礎となっています。

上記の経験を基にイークラウドにおいて、起業家の成長を支援できるよう自分の役割を果たし、挑戦が溢れる社会を作っていきます。

▲ 資金調達、スタートアップ関連noteも執筆しています!

イークラウドでは一緒に働く仲間を募集しています!!!

冒頭でもご紹介しましたが、「投資家に魅力的な投資の機会を創造し、挑戦者に新たな資金調達手段を提供する」ことがイークラウドのミッションです。

このミッションを果たすためには、より多くの仲間が必要です。
ミッションに共感してくれる方、興味がある方は、ぜひ気軽に話を聞きに来て下さい!

カバー画像



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
投資家に魅力的な投資の機会を、挑戦者に新たな資金調達手段を。 株式投資型クラウドファンディングプラットフォーム「イークラウド」を提供する、イークラウド株式会社の公式noteです。 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3181号/加入協会: 日本証券業協会
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。