【求人・採用】グーグルしごと検索 インディードとの違い 求人サイトの構造化マークアップとは?

Google しごと検索(Google for Jobs)に無料で求人掲載する方法

Google しごと検索(Google for Jobs)とは?
Google しごと検索(Google for Jobs)の仕組み

求人検索エンジンの何がすごいのか?
Googleしごと検索(Google for Jobs)の特徴は?

Googleのプラットフォーム内でのみ利用できる
Googleで上位表示されるので、使ってもらいやすい
検索上部に掲載されるGoogleしごと検索(Google for Jobs)の求人数は3つ

求人の絞り込み検索が可能で、カンタンにピッタリな求人を探せる
Googleしごと検索(Google for Jobs)とIndeedの共通点

求人検索エンジンであること
無料で求人を掲載できること
Googleしごと検索(Google for Jobs)とIndeedの違いは?
Googleしごと検索(Google for Jobs)は広告枠がない
Googleしごと検索(Google for Jobs)は、Googleで上位表示される
Googleしごと検索(Google for Jobs)は、直接応募できない
Googleしごと検索(Google for Jobs)は、応募者管理機能ナシ
Googleしごと検索(Google for Jobs)は、直接求人を投稿できない
Googleしごと検索(Google for Jobs)は、構造化マークアップが必要

求職者がGoogleしごと検索(Google for Jobs)を使うメリット

企業がGoogleしごと検索(Google for Jobs)を使うメリット
求人が無料で掲載できる
Googleで上位表示されるので求人の露出度が高くなる
利用者が増えているので、求人を見てもらいやすい

Googleしごと検索(Google for Jobs)に求人を掲載する方法は?
自社のHPの求人情報に、構造化データを追加する
Googleしごと検索に対応している求人サイトに掲載する

知識不要で、簡単に、しかも無料で求人掲載する方法

++++++++++

構造化データ マークアップ支援ツール
構造化データ マークアップ支援ツールを使用すると、ウェブページ上の要素をマークアップして、Google にページ上のデータを正しく認識させることができます。Google によるページデータの認識が明確であれば、Google 検索の結果で、ウェブページのデータを魅力的に表示させることができます。

ウェブページをマークアップする
ウェブページの要素をマークアップする方法は次のとおりです。

構造化データ マークアップ支援ツールを開きます。
[ウェブサイト] タブを選択します。
マークアップするページのタイプを選択します。たとえば、映画のページであるかイベントのページであるかなどを指定します。1 つのページに複数のアイテムを配置できますが、アイテムのタイプは 1 つに統一することをおすすめします(映画のアイテムのみ、イベントのアイテムのみなど)。
既存のページの URL を入力するか、ページの HTML をそのまま貼り付けます。URL を入力する場合は、ログインなしで誰でもアクセスできるページであることを確認してください(ログインなしでアクセスできるかどうかを確認するには、Chrome でシークレット ウィンドウを開き、ページにアクセスしてみます。この方法でアクセスできれば、問題ありません)。
[タグ付けを開始] を選択します。
ページに含まれる重要な情報(イベントページに記載された開始時間など)をハイライト表示し、表示されるプルダウン メニューで情報のタイプ(「開始時間」など)を指定します。
複雑な日付文字列がある場合や、日付をうまくタグ付けできない場合は、日付への高度なタグ付けについての説明をご覧ください。
ページ上に表示されていない情報を追加する必要がある場合は、不足しているデータの追加についての説明をご覧ください。
構造化データ マークアップ支援ツールが生成したタグを削除する必要がある場合は、タグの削除についての説明をご覧ください。
選択したデータタイプに必要な情報をすべて指定します。[マイ データ アイテム] ペインには、各アイテムに指定可能な値のリストが表示されます。入力が必須の値にはラベルが付けられます。たとえばイベント情報の場合には、イベントの名前、場所、開始日を指定する必要があります。
ページのすべての該当データへのタグ付けが完了したら、[HTML を作成] を選択してページのコードを生成します。出力形式を選択します。Google ではデフォルトの JSON-LD を推奨していますが、microdata を選択することもできます。出力ウィンドウでコードをコピーして貼り付けるか、[ダウンロード] を選択します。コードの使用方法は、出力形式によって異なります。
JSON-LD: 生成されたコードをコピーして、既存のページのボディ部分に貼り付けます。
microdata: 生成された HTML で既存のページの HTML を置き換えます。
コードをテストするには、生成されたコードをコピーしてリッチリザルト テストに貼り付けます。Google がページの内容を認識するために必要なフィールドが不足している場合は、テストツールによって対象フィールドが示されます。データタイプによっては、Google 検索の結果でページがどのように表れるかを示すプレビューが表示される場合もあります。
Google が新しいページコードを検出するまでには、数週間かかる場合があります。データのクロールが正常に完了していれば、リッチリザルトとして表示されます。サイトのリッチリザルトが表示されない場合は、考えられる原因をご確認ください。

Google構造化データ チェックツール

Rich Results Test - Google Search Console

リッチリザルトについて
リッチリザルトは、通常の青色リンクよりも高度な機能を持つ、Google サービス(Google 検索など)での検索結果です。リッチリザルトには、カルーセル、画像などテキスト以外の要素を含めることができます。

ページはリッチリザルトに対応していますか?

+++++++++++++++++++

Google 構造化データ マークアップ支援ツールが生成した JSON-LD マークアップです

https://developers.google.com/search/docs/data-types/job-posting?hl=ja

求人情報に構造化データを追加する

構造化データを求人情報のウェブページに追加すると、求職に関するエクスペリエンスを向上させることができます。構造化データの追加により、求人情報を Google 検索結果に表示して、特別なユーザー エクスペリエンスを提供できるようになります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
(*^-^*)
座右の銘:「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」 ●経験 楽天市場、ヤフー、Amazon、B2B、独自ECサイト構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理、顧客対応システム、自社物流センター構築。