Soul Searcher
〇 光石研さん、初エッセイ集上梓~『SOUNDTRACK』
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

〇 光石研さん、初エッセイ集上梓~『SOUNDTRACK』

Soul Searcher

〇 光石研さん、初エッセイ集上梓~『SOUNDTRACK』

【Ken Mitsuishi Published First Essay Book】


本記事は最後まで無料で読めます。

(本作・本文は約3000字。「黙読」ゆっくり1分500字、「速読」1分1000字で読むと、およそ6分から3分。いわゆる「音読」(アナウンサー1分300字)だと10分くらいの至福のひと時です。ただしリンク記事を読んだり、音源などを聴きますと、もう少しさらに長いお時間楽しめます。お楽しみください)

~~~~~

〇 光石研さん、初エッセイ集上梓~『SOUNDTRACK』

【Ken Mitsuishi Published First Essay Book “SOUNDTRACK”】

俳優の光石研 さんが初のエッセイ本を2022年2月、上梓した。その名も『SOUNDTRACK』(サウンドトラック)

アマゾン→
SOUNDTRACK 単行本
光石研 (著)
出版社 ‏ : ‎ PARCO出版 (2022/2/2)
発売日 ‏ : ‎ 2022/2/2
言語 ‏ : ‎ 日本語
単行本 ‏ : ‎ 181ページ


https://amzn.to/3Cpw6gA

ファッション、仕事、ライススタイル、故郷、そして数度の暗黒時代まで濃厚かつ軽やかなエッセイ集。

光石さんはファッションもうるさいが、音楽も大好き、しかも、ソウル・ミュージック関係が大の好物。かつてよく行っていた下北沢のソウル・バー「しずおか屋」のロゴを書いていたり、ときどき訪れるということを聞き、驚いた。

そこで10数年続いた「ソウル・白川会」に、光石さんをしずおか屋店主富田さんの尽力でご招待して、何度かいらしていただいた。

この白川会のメンバーで、光石さんのお芝居(下北の本多劇場=しずおか屋の目の前)を観劇に行ったこともある。

光石さんとしずおか屋→


https://amba.to/3KjeHsG

月刊ペン、こだわりの椅子→


https://www.pen-online.jp/article/010091.html

~~~~

さて、この本、「ファッション」「趣味」「家、愛犬」、「半生」などを書いている。そして最後に菊池亜希子さんとの対談。

さらっと読んでみると、この「半生」のところはやはりおもしろい。光石さんの人と成りがいかにして形成されてきたかを垣間見るようだ。

平易な文章でとても軽やかですぐに読める。光石さんのちょっと照れ屋のところなどが文章の節々にあるような気がした。

光石ファンには絶対お勧めだ。

~~~~

ソウル・サーチン・ブログは2002年6月スタート、2002年10月6日から現在まで約20年毎日一日も休まず更新しています。ソウル関係の情報などを一日最低ひとつ提供しています。

これまで完全無給手弁当で運営してきましたが、昨今のコロナ禍などの状況も踏まえ、広くサポートを募集することにいたしました。

ブログの更新はこれまで通り、すべて無料でごらんいただけます。ただもし記事を読んでサポートしてもよいと思われましたら、次の方法でサポートしていただければ幸いです。ストリート・ライヴの「投げ銭」のようなものです。

オリジナルはソウル・サーチン・ブログ
ソウル・サーチン・ブログ・トップ
https://ameblo.jp/soulsearchin/

noteでの記事購入、サポートのほかに次の方法があります。

送金側には一切手数料はかかりません。金額は100円以上いくらでもかまいません。

1) ペイペイ(PayPay) 使用の方法

ペイペイアカウントをお持ちの方は、こちらのアカウントあてにお送りいただければ幸いです。送金先IDは、 whatsgoingon です。ホワッツ・ゴーイング・オンをワンワードにしたものです。こちらもサポートは匿名でもできますし、ペンネーム、もちろんご本名などでも可能です。もし受領の確認、あるいは領収書などが必要でしたら上記メールアドレスへお知らせください。PDFなどでお送りします。ペイペイでのお支払いの場合、受領確認・御礼メッセージが送りにくいので、ツイッターなどのアカウント、あるいは、メールアドレスなどがあればメッセージにお書き添えいただければ幸いです。

2) ペイパル (Paypal) 使用の方法

ペイパル・アカウントをお持ちの方は、ソウル・サーチンのペイパル・アカウントへサポート・寄付が送れます。送金先を、こちらのアドレス、 ebs@st.rim.or.jp にしていただければこちらに届きます。サポートは匿名でもできますし、ペンネーム、もちろんご本名でも可能です。もし受領の確認、あるいは領収書などが必要でしたら上記メールアドレスへお知らせください。PDFなどでお送りします。

3) ノート(note)のサポート機能

本ブログ、ノート(note)には少額のサポート・システムがついています。購読(100円から、記事量によって変動)、また、サポート(金額自由設定)もできます。Noteのサポート・ボタンなどをご利用ください。

4) サポートしたいが、ペイペイ、ペイパル、ノートなどでのサポートが難しい場合は、 ebs@st.rim.or.jp までご連絡ください。銀行振込口座をご案内いたします。(ちなみに当方三井住友銀行です。同行同士の場合、手数料がゼロか安くなります)

コロナ禍、みなさんとともに生き残りましょう。ソウル・サーチン・ブログへのサポート、ご理解をいただければ幸いです。

ソウル・サーチン・ブログ運営・吉岡正晴

本記事はnoteでも読めます
Noteトップ
https://note.com/ebs

ANNOUNCEMENT>Support

~~~~

この続きをみるには

この続き: 0文字

〇 光石研さん、初エッセイ集上梓~『SOUNDTRACK』

Soul Searcher

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ ありがとうございます。これからもご愛読ください
Soul Searcher
Soul Searchin Blog 著編吉岡正晴 Yoshioka Masaharu, The Soul Searcher 講演家 音楽ジャーナリスト Music Journalist /Radio DJ specialize in Soul, R&B & more