前世現世来世

前世現世来世。
チラッとぶらっとそんなワードが飛び交い
ヱビ脳は時空を超えて思考し始めた。
前世、現世、来世を
普段意識して過ごすことはない。
色々な宗教でも言及されているようで
仏教では「三世」と言うらしい。
人生では何回か
不思議な出会いや出来事がある。
直感がビンビンに働く謎のアレである。
その直感に従うと想像もしなかった
世界が開かれたりする。
前世で何かしらあったのかと思うと
妙に腑に落ちたりする時もある。
言葉では説明出来ぬ感覚である。
前世現世来世を意識すると
死の恐怖が薄れる気もする。
完全に払拭できなくとも恐怖を軽減できる
優れた一つの考え方だと私は思う。
おぱぱ的世界観では
前世が現世来世であり
現世が前世来世であり
来世が前世現世である。
前前前世=現現現世=来来来世という
超現実世界で私は今日もまた
煩悩にもがき苦しむのだ。
超現実珍談士の宿命なのだ。
一方で私は前世現世来世という
考え方も賛同する。
来世のことを考えると
基本的にあらゆるものに
やさしくなろうと思えてくるからだ。
前世現世来世思考だと
湯葉を食べた時のような
やさしいチモキになれる。
私は前世現世来世をここで改めて
考えたことで湯葉になったのだ。
サルバドール・ユバの誕生である。
これからは湯葉のチモキで
人に接するようにしたい。
故アベフトシは来世でも
カミソリカッティングギターを
聴かせてくれるはずだ。
ドロップをなめつくすのは
これからだよ。
神の手はにじむピンクなのだから。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スタッキンニーガラージ!
12

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。