コジンジギョヌシッ

ヌシヌシヌシッ。
コジンジギョヌシッ。
ヌシヌシは基本的に
何をやるのも自由である。
コレコレやって毎月おいくら
という世界ではないので
ナマちゃんのように寝転がっていようが
世界の果てまで
レッツゴートゥーザビーチ!しようが
誰も文句を言わない。
師匠や先輩はまず始めに自分が
何をやっていくかを決めるよいと言う。
理念やビジョンを持てと。
私がこれから突っ込んで行く
業界特有のことでもあるが
個人でやるのか組織でやるのか
公的なシゴトをメインでやるのか
民間のシゴトをメインでやるのか
顧客の課題やプロジェクトごとで関わるのか
顧客のパートナーとして定期的に関わるのか
色々なパティーンがあるらしい。
最初の内は何でもやって
自分に合ったスタイルを決めるとよいとも
アドバイスをいただいた。
まだ軸は定まってはいない。
現にコジンジギョーヌシプラス
ソシキメンバの一員としても始まっている。
やり方は選ぶこともあるだろうが
新たな在り方が
今後生まれてくる可能性だってある。
アウフヘーベンである。
いつだってアウフヘーベンヌッDA。
シゴトのあり方も超現実化しよう。
個人でありながら組織。
組織でありながら個人。
全てをどちらかに必ず
選択しなければならない
必要がないことがわかるが
自分が分裂してしまわないようにも
気をつけようっ。

この記事が参加している募集

いま私にできること

#これからの仕事術

7,984件

締切:

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
信じるか信じないかはおぱぱ次第です。
10

こちらでもピックアップされています

サルバドール・ヱビ
サルバドール・ヱビ
  • 818本

超現実珍談集

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。