見出し画像

きっと一生なおらない

わたしの開けられなかった固く締まった瓶のふたを息子が開けた。

本来感涙とはこういうときに流すものなのではないか。わたしは映画でも本でもマンガでも作った人が「ここで泣かすぞ」と考えたろうところで100%まんまとおえつを上げるくらい泣いてしまうが、「おっ、すげー、握力~!」と言うにとどまったのだった。

夏休み明けの初日だから持ち物も多いでしょう、ちゃんと支度しておきなよと昨日娘に伝えたが娘は準備の途中で寝たらしい。朝からお道具箱の中身を焦って確かめていた。背中があきらかに大慌てしていて、いわんこっちゃないとかわいいですな、が混ざった気持ちに。

荷物をかかえて娘が出かけ、息子も行き、今年の夏休みが終わった。

これは本当に夏休みだったろうか。ただ学校へ行かず家ですごすだけの日々とも言え、春の休校と見分けのつかないものでもあった。ただ外を歩くには危険なほどに暑くセミがよく鳴いて、その点においては確かに夏の休みだった。

ひとり自宅で仕事。ツイッターで、外が涼しい、秋のようだという投稿をちらほら見かける。いつもはクーラーの28度設定で適温だが、今日はそれでは寒く、30度まで上げてもまだ冷たくて、なるほど野外の涼しさは本物なのだなとクーラーを切って窓を開けたら一気に暑かった。

昼前にもう娘は帰って来た。今日は給食がないんだそうだ。家になにもないのでスパゲティとソースを買ってきてと頼むが「今はまだ下校中の子たちがいるから……」としぶられ、でも気持ちはすごくすごく良く分かる。

通学路でない道を通り自転車で二人、コンビニに行くことにした。ごく近いので歩きでもいいと思ったが、娘は最近自転車を買ったばかりなので5メートル先でも自転車で行きたいらしい。

コンビニで石みたいな和菓子を買った。娘はおにぎりを選んで、ああ! そうか! おにぎりか! ご飯を炊いておにぎりを作ればそれでよかったのだ! とショックをうけるが、石が買えたのでよしとした。

帰って午後はリモートで会議。先日息子が、会議中に部屋の戸に「この中の方、会議中のもよう」と書いた紙を貼り、以後会議中にはその紙を使いまわして貼っている。

「その男、凶暴につき」みたいだと、ちょっと思っている。

仕事を終え、会議中の紙をはがすと娘がビシッとしたドヤ顔でやってきた。「早口言葉を言ってあげるね」

よほど自信があるようだ。「ぜひ聞かせてください」というと、生麦生米生卵的なクラシックな早口言葉のいろいろを10個くらい連続で早口でそらんじたので褒める。「作文教室で毎回言ってるんだよ~~」とのこと。

夜は焼きそば。私は焼きそばがとても好きだがしばらく存在を忘れており、今日の午後、あ~今日の晩ご飯はどうしようかなあと思ったときに

焼きそばは!?

と急にひらめいてそれでもうずっと機嫌がよかった。機嫌がよくなるくらいなので忘れないとは思ったが、うれしかったからチラシの裏に「今日は焼きそば」とメモした。

もやしとシシトウと豚肉で焼きそばを作った。子どもたちも「うまそう!」「うまそうだ!」とやってきて、食べた。おなかいっぱいだ。

夜は本を読んでいると、息子が「膝に、かさぶたをはがすのをがまんする時代がやってきた」と言っていた。サッカーで作った傷がおおきなかさぶたになっている。

妹だったらこれほどのかさぶた、はがすのを我慢するのは間違いなく無理だろう。だが俺には可能だ、とのこと。

娘はとにかく手が忙しい人で物も体もせわしなく乱暴にいじって壊す。足などいつもひっかき傷だらけで、すぐに飛び火になってしまうから私は目を光らせている。

確かにそうだ、こんなかさぶた、娘にできたら一体どうすればいいのか、きっと一生治らないとふるえた。


この日記を本にして売っております。新刊が出ました!

画像1

大阪のシカクさん、下北沢の日記屋 月日さん、赤坂の双子のライオン堂さんでも既刊を取り扱っていただいております~。

-----
古賀及子(こがちかこ)・まばたきをする体とは
お仕事のご連絡
Twitter @eatmorecakes
Instagram @eatmorecakes


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます。いただいたお金は新しい本を作るのに使わせていただいております!

ありがとうございます! うれしくて軽く踊ってます!
216
1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。noteではまいにち日記を書いています。webライター、編集(デイリーポータルZ編集部所属)。 Twitter @eatmorecakes

こちらでもピックアップされています

まばたきをする体
まばたきをする体
  • 636本

webライター、編集の古賀及子のnoteです(noteをためしてみたくて、とりあえずはてなブログをそのまま転載しています)。1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。デイリーポータルZ編集部所属。納豆を1万回まぜたのは私です。好きなものはEDMとローソク足とコンテンポラリーダンス。 Twitter @eatmorecakes

コメント (3)
お子様達を中心に回る、ユーモラスなエッセイですね。一気に読んでしまいました。
「背中があきらかに大慌てしていて」の描写、目に浮かぶようで思わずふふっと笑ってしまいました(@^o^@)
「膝に、かさぶたをはがすのをがまんする時代がやってきた」
に笑いました!
「私は焼きそばがとても好きだがしばらく存在を忘れており」…焼そばってそういう所がありますね。焼そばには申し訳ありませんが…^-^。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。