ジャニーズWESTファンのジャニヲタが映画「KING OF PRISM by PrettyRhythm」略してキンプリを観てきた

ここ最近Twitterで話題をよく見かけるようになったのと、友達が観に行っててめっちゃ面白いって言ってたので私も観てきました。長いものには軽率に巻かれたいおたくです。

観てきた人(ジャニヲタ)の感想を読んでいるとジャニーズワールド的なものみたいな意見もあって、アニメ版ジャニーズとんちき舞台を想像していたらだいたい間違ってなかった。とにかく頭がおかしい!ジャニーズ舞台を観て感じるあのパッションが映画キンプリにはあった。いつどこでひろむの意思を受け継いだのかな…?って思うくらい意味がわからないけどとにかく最高な事だけは伝わる。MステのジャニーズJr.80人集合のハイハイジェットに心やられた人は絶対はまると思う合法ドラッグ。事前知識がなくても全然楽しめるし、まさに私もそうだった。登場人物の名前がわからなくても何とかなる。考えるな、感じろ!まずこの2016年にTRFのEZ DO DANCEにラップ加えたアレンジで戦いながらシンメで踊るアニメとか意味わかんないでしょ?私も意味がわからない!!でも最高なんだよ!!!あの振付流星くんに踊って欲しいしツインタワー先生の新作に推す!!!!!

しかし終始熱にうなされたハイテンションでぶっ飛ばす60分かと思いきや、結構リアルにつらい展開もあるんですよ。何これなにわ侍ハローTOKYOかな?ってWEST担何回か思ったよね。望みを叶えるには流れ星が必要なんだ…!これも今となってはプリズムスタァみ溢れるセリフに思えてしまう。ストーリーは公式サイトを読んでもらうとして、3人組の一人がハリウッドで楽曲制作するために渡米、グループは活動休止に…とかジャニヲタ涙なくては見れないやつ。しかもそれコンサート中に発表とか待って死んじゃう。何故か衣装はズンドコパラダイスジャケ写の神話みたいな白い粗末な布を巻いただけだし。客席の空気がこれ年末のベスアだねって自虐したくなるくらいつらいから。そんで客席を笑顔にするのがプリズムショーや!みたいなテンションで主人公(のわりに全くパーソナル情報が劇中に出てこないあたりもやばい)がソロでいい衣装着て名曲歌い踊るんだけど、そこに3人組のうちハリウッド行かない2人がバックでシンメで踊るわけですよ。これ2人の担当だったらエーデルローズどころか精神死ぬよね????デリケートすぎるからジャニーズに例えたりもできんやつ!ただ主人公のパフォーマンスと衣装は最高!もうゴリプ推されしか愛せない!ってテンション上がったところで終わる本編。おいジャニーズ舞台ならこれ1幕で幕間で肉まんかチュロス食べた後に2幕は宇宙に飛ばされて始まったりしない?目を閉じたまま道に迷ってたりしない??グロリアス!シュワルツ!!だいぶふざけたテンションで書いてるけど主人公はふとしたきっかけでプリズムショーの世界に魅せられて、普通の男の子かと思ったら実はめっちゃアイドルの才能がありすぎるんですよ。そういう成長ストーリーもジャニヲタ好きなやつじゃん。大きく括ったけども。

とにかくジャニーズが好きで、男の子が好きで、何かわからないけど圧倒的なものが好きな人は何も考えずに観に行って欲しいです。応援上映は客席でキンブレ振りながらコールして盛り上がれるからそちらも楽しいよ!そして私はジャニーズWESTコンサートの応援上映に行きたい。バナナのペンラ持っていきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
まじめにふまじめ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。