新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【がんばれ飲食店】食べに行けなくても大好きなお店を応援したい!

新型コロナウイルスの影響で、各種イベントの自粛が相次いでいます。

「お客さんにきてもらう」ことで成り立つ飲食業界でも、宴会のキャンセルなどで来客数が大きく減っているお店が少なくありません。
こんなときだからこそ、いつも大好きな飲食店のために少しでも力になりたいところです。

最も有効なのは、実際にお店に足を運んで食事をすることですが、外出を控えて感染拡大を抑えなければならない状況なのも確かです。
ということで今回は、実際にお店に行けなくても飲食店を応援できることについてまとめていきたいと思います!

テイクアウト・デリバリー

お店に足を運べなくても、そのお店の料理をいただくことはできるかもしれません。
幸いにも、軽減税率制度が開始された昨年10月以降、テイクアウトデリバリーにも対応する飲食店が増えています。

Uber Eatsや出前館などでも、応援したいお店が出品していないかチェックしてみましょう!

また、飲食店のテイクアウトとデリバリー情報をまとめたページも登場しています。

さらに、クラシルさんは食品ECサイト「クラシルストア」への掲載を無償で行うという支援企画を発表しています。
こうしいったサイトで、素敵なお店を探すのも楽しいですよね。

今回、新型コロナウイルスの影響で予約や来店客が減少している飲食店様のサポートとして、この「クラシルストア」への無償出店を開始しました。掲載費・販売手数料は一切頂戴しません。
また、掲載に際して必要な撮影費をはじめとしたコンテンツ製作費はすべてクラシルが負担します。


前払い・サブスクリプション

事業の存続が危うくなるのは、売上が減ったとき・赤字になったときではなく、運転資金(キャッシュ)が尽きたときです。

落ち着いたら必ずお店に行く。だから、その分の代金を先に少しでも支払っておくので、今を一緒に乗り越えましょう。
そんな形の支援もあります。

あるいは、回数券定期券を購入して応援することもできます。

以前セミナーで登壇していただいたインサイトコアさんも、様々な飲食店のサブスク型お得定期券アプリを提供しています。

また、居酒屋でのボトルキープも、将来の飲み代の前払いといえます。
お店を応援しながら、次にお店に行ったときお得に楽しめるWin-Winな仕組みですね!

favyさんの運営する「re:Dine」は、チケットを購入するという形で、将来の来店時の飲食代を前払いできる「飲食店応援チケット」の販売を開始しています。


クラウドファンディング

さらに、クラウドファンディングによる応援企画もいくつか立ち上がっているようです。

業界大手の2社も、イベント中止・自粛をしたイベント事業者や、来店客数が著しく減少した飲食店舗・宿泊施設などを対象としたサポートプログラムを実施しています。


まとめ

新型コロナウイルスの影響がますます広がる中で、さまざまな企業や個人、自治体が協力しながら、日々対応策を打ち出しています。
その団結力とスピードには、私たちも勇気付けられます。

ここで全てを紹介することはできませんが、こうしてそれらを紹介することで、少しでも力になれれば幸いです。
ひとりひとりが、自分にできる範囲でできることをやっていけば、きっとすぐに状況は良くなると信じています!

[著]Makoto Otsubo

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
19
レストランテックを活用した飲食店の生産性と効率性の向上を目指し、「持続可能なレストランの実現」を通じて、日本の生産物・食文化の発展に貢献します。HP:https://www.e-cometrue.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。