見出し画像

スマホでも満足いくドール写真を現像できるアプリの話

ぼくは主にスマホとiPadで現像している。
理由としては、写真を撮ったら早く現像してTwitterにアップして承認欲求を満たしたいからである(真顔

PCを使うほうがよりいろいろできるのは間違いないが、簡単なレタッチならスマホでも同等のことができるし(多分)、どこでも手軽にできるのが強い。あと現像に使えるPCを持ってなかった件。

ということで、手軽に現像したい、強いPCとか持ってないけど現像してみたい、という人の参考になればと使ってるアプリと自分のやり方をまとめてみた。

ちなみに使ってる端末はHUAWEIのMATE9(Android)とiPad pro。

スマホの現像で使うアプリ

使っているアプリは主に4つで、使用用途はこんな感じ。

Lightroom
明るさ・色調の調整(とraw現像)をして撮影時のイメージに近い状態にする。あとトリミングもする。

TouchRetouch
スタンドや撮影機材の映り込み、目立つほこりや飛び出た髪の毛などを消したりする。気分が乗ったらドールの関節部もキレイキレイする。

Snapseed
ガッツリ色を変えたり、フィルターかけたりしてイイ雰囲気にする。

Canon Camera Connect
メーカーごとに専用で出してる、カメラから無線でスマホにデータを送ってくれるやつ。残念ながらjpegしか送ってくれないので、rawをいじり始めた最近は出番が少ない。

なお、どのアプリもAndroid・iOS両対応してる。

現像の手順

やってる手順としては下記のような感じ。

1.写真データ(jpegかraw)をスマホかipadに取り込む

2.Lightroomで明るさ・色調をいじってトリミングする(スマホ or iPad)

3.TouchRetouchで不要なオブジェクトを消したり、関節部を消したりする(スマホ)

4.Snapseedでフィルターとかかけていい感じにする(スマホ)

詳細は今回は割愛。
もっと効率いいやり方もある気はするので、おすすめがあればむしろ教えてほしい。

まとめ

要はPCでみんながやってるLightroom+Photoshopの作業をスマホでやろうとしたらこうなった、という話。
TouchRetouchは操作が簡単かつAIが優秀なので、なにも考えずにスタンドとか消せるし、Snapseedはツールやフィルターがやたら豊富で、プリセットだけでもかなり雰囲気がいじれる。Lightroomは言わずもがな。

さすがに合成などの大規模なレタッチには向かないが、写真をイイ雰囲気にするだけなら十分なレベルなので、スマホで手軽にやってみよって人にはどれもめっちゃおススメです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9
趣味でドールを愛でたり写真を撮ったりしています📸😎
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。