ダスキン福山の農園が始まりました!
見出し画像

ダスキン福山の農園が始まりました!

株式会社ダスキン福山

みなさんこんにちは!ダスキン福山のアツシです。
お知らせが遅くなりましたが、、、

なんと!ダスキン福山の農園が2022年2月より始まりました!

画像1

社長の高橋の想い

日本の食料自給率は37%ほど。国内の農家さんの件数も減ってきています。食糧自給率や農家さんの減少だけではなく、農業について調べていく中で、残留農薬の基準を守っていたとしても生態系や人体への影響が少なからずあることが分かりました。

私たちが食べているものがどうやって出来ているものなのか?

私たちが口にしているものは本当に安全なものなのか?

海外から輸入される食料にこのまま頼り続けていいのだろうか?

ダスキン福山が農業を始めることで、食料自給率や無農薬栽培といった問題に対し私たちにできる事を考えて行きたいと思います。私たちが普段食べている野菜やお米がどのように出来ているのかを、実際に土を触り農作業に携わることで学べる場になればとの願いを込めて始めました。農業を体験した従業員や、採れた野菜やお米を食べる人たちの食に対する意識が変わっていけばと思っています。

初めての農作業

画像2

この日の参加者は、7名!社長の高橋さんと、普段はお掃除のお仕事やミスタードーナツで働いている社員達です。

牛糞堆肥を畑にまき、トラクターで耕すことで野菜が育つ土作りをしていきます。畑の状態を良くするため、数日後また同じ作業をするようです。

今回の作業は土作りの他に、畑の一角にニンジンのタネまきも行いました。普段スーパーで見かけるようなオレンジ色のニンジンだけではなく、黄色や紫のニンジンのタネもまきました。しゃがみ込んだ状態でひたすらタネをまき続けましたが、みんな笑顔で楽しそうに作業をしている姿が印象的でした。

画像3

さいごに

今回まいたニンジンの収穫は6月の予定です。私たちがまいたニンジンのタネがこれからどう成長していくか、とても楽しみにしています。社長の高橋はタネまきをした1週間後に畑の様子を見に行き芽が出ていないかを確認したようです。協力していただいている農家さん曰く、1週間では芽が出ないようです。

初めての農作業の様子はYouTubeでも公開しています!

4月の農作業ではロメインレタスの苗を植える予定です。これからもSNSやYouTubeを使い農業の様子を発信していきますのでぜひご覧くださいね!


ダスキン福山のホームページはこちらから!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
株式会社ダスキン福山
1964年創業の広島県第一号ダスキン加盟店。 ダスキン事業、飲食事業、学習教材の販売をを福山市内を中心に運営しています。 会社の様子や取り組みについて発信していきます!