見出し画像

ネット時代のテーブルトークロールプレイングゲーム

あんたはハマった事柄ってどんなものがある?

俺は学生時代、テーブルトークロールプレイングゲームってやつにダダハマりした。TRPGってやつだな。

テーブルトークRPG、あるいはテーブルトーク・ロールプレイングゲーム(和製英語: Tabletalk role-playing game、英: Tabletop role-playing game)とは、テーブルゲームのジャンルのひとつ。ゲーム機などのコンピュータを使わずに、紙や鉛筆、サイコロなどの道具を用いて、人間同士の会話とルールブックに記載されたルールに従って遊ぶ“対話型”のロールプレイングゲーム(RPG)を指す言葉である
出店:Wikipedia

例によって説明をWikipedia先生に任せっきりだが、まあ、ルールに則って即興演劇を楽しむゲームって感じだな。

今回は、このテーブルトークロールプレイングゲームってやつについて思い出しながら、その楽しさを振り返る回だ。

今でも脈々と楽しまれているみたいだから、今度やってみてもいいかもよ?

物語に没入するという快感

テーブルトークロールプレイングゲームの基本的な遊び方は、シナリオと呼ばれる物語を用意して、そのシナリオに沿ってゲームマスター(GM)という役割の人がプレイヤー一人ひとりに割り当てられたキャラクターを元に物語の中での行動や結果をルールと会話で表現していくというものだ。

改めて文章で表現すると、明らかに伝わりにくいよな。

要するに、ルールのあるごっこ遊びだ。

俺たちが保育園の園庭で繰り広げていたゴレンジャーごっこと本質は同じってわけだ。#年がバレる

ゴレンジャーごっことの違いは「シナリオ」と「ルール」だ。
ゴレンジャーごっこではゴレンジャーが勝つってことと、勝つにあたっては得体のしれない必殺技を繰り広げて怪人を倒すってルールくらいしか無いと思う。

テーブルトークロールプレイングゲームでは、必ずしも主人公であるプレイヤーが操るキャラクターが勝つとは限らない。
っていうか、勝利ってなんなのかを考えさせるシナリオだってある。

決して恋をしてはいけない相手に恋をするシナリオだってあるし、得体のしれない化け物にただただ蹂躙され続けるシナリオだってある。

純粋にその物語の中に入り込む快感。
それを求めてプレイヤーはテーブルトークロールプレイングゲームを楽しむってわけだ。

物語を作り込む快感

で、この肝心要の物語だが、もちろん市販のものを使うって手もある。

なんなら、こんなサイトのようにシナリオを提供してくれるサイトもある。

最初にやってみるなら、こう言うサイトを使ってみるのも一つの手だ。

だけれども、おすすめは経験のあるGMを見つけて、そのGMの元でプレイヤーをするってことだと思う。

そこでまずはプレイヤーとしての物語づくりを体験してもらいたい。

え?プレイヤーはシナリオに沿って演技するんじゃないのかって?
それは大枠ではそのとおりなんだが、プレイヤーとしての物語づくりは普通にできる

シナリオは大枠での出来事とその背景に潜む人間模様のようなものを作り込んでいく形になることが多い。
元々がルールという偶然性とプレイヤーの判断という不確実性の上に成り立たせる物語だ。
シナリオ作者の意図なんてものはあっという間に超えてくる何かが常に付きまとう。

そうなると「ここで誰かがかっこよく活躍する」という前提でのシナリオは組みにくくなるんだよね。

単純に状況が存在し、その状況でどのように振る舞うかはプレイヤーの判断に委ねられる。
その意味で、物語のディテールはプレイヤーが作ると言っても過言ではない。

なので、テーブルトークロールプレイングゲームというのはシナリオ作成者とGMとプレイヤーが相互に作用しあって物語を作り込むというクリエイティブさがあるゲームと言えると思うんだよね。

社会人になってからのテーブルトークロールプレイングゲーム

社会人になってから、というか一人暮らしを始めるようになってから、俺の場合はこのテーブルトークロールプレイングゲームをやる機会が激減した。

もともと地元の仲間とワイワイやっていたことが大きかったんだが、なにしろみんな忙しくてシナリオを作り込んだりキャラクターを作り込んだりする余裕が無くなってしまったってのが大きい。

でも、今のネットとイベントが融合している社会では、こう言う会話による物語の共有ってのは、ものすごく親和性が高いような気もするんだよね。

なあ、あんたはどう思う?

テーブルトークロールプレイングゲームやってみたいと思うかい?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければフォローも ぜひぜひ
3
システムエンジニアをやる傍ら色々挑戦中。 「俺たちは感動するために生きている!」 そのための活動を実施中!

こちらでもピックアップされています

あんたに向けたつぶやき
あんたに向けたつぶやき
  • 662本

なあ、あんたはどう思う? 様々な出来事で思ったことをあんたに聞いてみたい。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。