見出し画像

HELLOWORLD初セミナー終了

デザインのセミナーをします!と突然宣言したのが前回。
今回は、結果どうだったか、のご報告です。

時間こそ90分と短いものの、その中でできるだけ色々なことを体験してもらいたい、そして特に感じて欲しいと考えたのが「デザインって楽しい」でした。

「普通の人たち」と乖離してとらえられることの多いデザインを、どう楽しみ、面白がってもらえるか。
決して難しくも特別でもない、ととらえてもらうには?

そのためにいかにも講座っぽくせず、どんどん手と頭を使ってもらおう!というところからプランを作成。

結果、かなり風変わりなものになったかも?
当たり前なデザイン講座的にテクニカルなことはせず、技術以前の、考え方、デザインの使い方、なんのためのデザイン?を知り、味わってもらうこと。

「えっ、思ってた感じと違う!」
「もっと実践的なテクニックの練習じゃないんだー」
なんて、もしかしてびっくりされた参加者の方もいらしたかも?

けれど、デザインの講座も様々だし、私たちのようなやり方があってもいいはず。
他のよくある講座の真似をしたり、あれこれ詰め込むより、もっと重要なことは?
そう考えた時、自分たちがもっとも伝えたいのは
「伝えることの重要性」
でした。

誰かに、何かを伝える。
これは、簡単なようでいて難しい。
日常でも、ささいな思い違いからすれ違ったり、伝えたつもりが言葉足らずでうまく伝わりきらなかったり。

伝えると伝わるは違う。
だからこそ、きちんと伝えるための技を!
というのが私たちの言いたいことでした。

そのために要点を絞り「伝えることの重要性」に沿って全体を構成しました。

ここで詳しい内容をお伝えするのも、なので簡単にご紹介だけすると、ワークはどれも自己完結せず、他の参加者の方と関わる形にしました。 

たとえば、自分を色にたとえて自己紹介する
「見立てのワーク」

言葉だけで図形を描ける?な伝言ゲーム的
「伝え、読み取るワーク」

もっとも時間をかけた、既存の雑誌を使いポスターを作っちゃいましょう!な
「広告作成の流れ体感ワーク」

これだけではよく分からないかもしれませんが、なんだかちょっと面白そうじゃありませんか?

実際に、参加者の方たちも大いに盛り上がっていました。
全員が初対面なのに、緊張のほぐれるまでの早いこと!

あれこれ言いながらコミュニケーションを取り、意見を交換し合う。
自分の作ったり考えたことに対して、すぐにフィードバックをもらえる。
それで親近感や調和が生まれないはずがありません。

もしかしてネガティブな結果になったら、なんて心配は一切いらないくらい、終わりまで滞りなく進みました。

みなさんが協力して楽しげに、また真剣にワークしたり話したりしている仲立ちにデザインがあるのは、最高に良い光景でした。

遊んでもらい、実践しながら学んでもらえて。
たくさんお礼の言葉を聞きましたが、こちらこそありがとう、です。

思っていた以上の成果でしたし、受け取られ方、進め方など、こちらも大いに勉強になり、お教えしたのと同じくらい、学ばせてもらった気分です。

始まるまでの準備の大変さ、緊張もありましたが、本当に、やってみてよかったし、素晴らしく貴重な経験でした。

なんだか、これで終わってしまうのがもったいない感じ。
できればすぐにまた次の講座をしたいくらい!

デザインの世界の魅力を、自分たちも実感できた最高の時間でした。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
温泉水×コーヒーで味わう豊かな時間。 飲む温泉で知らなかった世界に出会う。手の中のカップで旅に出て新しい土地の魅力を探しにいこう。 DRIPTRIPから余白と愉しみに満ちた時お届けします。 https://drip-trip.weebly.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。