見出し画像

取材者は最高の理解者になるべき

「他人に話を聞いてもらうことで、頭の中を整理することができた。」

「自分ではうまくまとめられなかった考えを、第三者に明確にしてもらった。」

時にこれらは、納品物そのものや納品物で上がる成果よりも、取材される人にとって大きなインパクトになることがあるようだ。

「スタッフに何度も話しているのに意図が伝わっていない気がする」こういう悩みを抱えているリーダーは多いだろう。

解決策の一つはとにかくしつこく言い続けることだ。というか、おそらく現場での浸透方法はこれしかない。意識、意識、意識。とにかくスタッフに意識させ続けることで、肉体的に理解させるとでも言おうか。

別のアプローチがあるとすれば、第三者である取材者が忌憚なく質問を浴びせた結果生まれる文章によって「リーダーの考えの結晶」を生み出す方法はその一つかもしれない。外部の人間だからこそ遠慮なく聞ける、突っ込める。

これは大きな武器であり、1時間のインタビューが済む頃には取材者が誰よりもリーダーの理解者になっている可能性すらある。そして、それが取材者として理想の結果だ。

生まれた結晶である取材記事をスタッフに読んでもらうことで、これまで説明しきれていなかった部分をカバーできるかもしれない。背景への理解が進むことで、共感が増すかもしれない。

いわゆる社内報的な使い方ではあるが、社外の第三者が取材をすることでよりコアな記事になっているはずだ。コアな部分は感情的であり、それは読むものに感動を与える。

表面的な事実だけを伝える記事や、都合の良い情報だけ切り取った記事はもういらない。大切なのは背景であり考え方であり、どの経験から影響を受けたかだ。

Shuzapではあなたの魅力を深く理解して、感動を与える記事を作ります。

Shuzapサービスサイトはこちら




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
オンライン取材サービスShuzapの代表です。https://shuzap.online/趣味はクラフトビールを飲むことと散歩。甘いもの、歩きながら考え事をすることが好きです。フリーランスとして現地取材やweb記事の執筆も承っています。