見出し画像

自分で、あじわう

じゃまするな
ぼくはじぶんで たべられる
顔中で味わう 離乳食かな

息子・おもちくんは、経管栄養児である。

それはつまり、鼻から胃や腸(おもちくんの場合空腸)まで入った細いチューブを介してミルクや栄養剤を入れているため、必要十分な栄養分は自動的に取れている、ということである。

そして、母は本業の傍ら、食生活指導士1級まで取ってしまうほどの食い意地である。いや、産業医活動で使えるなと思ったところもあるが、女子栄養大学のレシピカードが正確かつ美味しすぎて栄養の計算まで勉強しちゃったのである、趣味で。

何をうだうだ言っているかと思われるかもしれないが、おもちくんにも楽しんでほしいのだ、食べることを。
もちろん、いろいろな理由で口から食べられない方がいるし、またおもちくんが将来的に口からものを食べるようになるかも今わからないが、使える機能をしっかり育てよう、食べることの楽しさを知ってもらおうと思い、毎日離乳食を与えている。

そしてその日もいつも通りスプーンでヨーグルトを与えようとしたのだが、おもちくん、すっと私の手からスプーンを奪い、不器用にフラフラしながらも、ガジガジとスプーンを噛み始めた。
そして、顔中ヨーグルト塗れにして、満足そうにこちらを見た。

私、にやり。

おもち、にやり。

そうそう、スプーンは、楽しいもの。
おもちくんを抱っこしている私もヨーグルト塗れになりながら、にやりにやりと笑い合う昼下がりであった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いいことありますように!
99
医師。子と織り成す歌詠み。三児の母。未の息子、おもちくんは医療的ケア児(先天奇形、気管切開、NICU・GCU8ヶ月)。今の夢は病院の中庭で息子とおにぎりを食べること。

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 19340本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (1)
初めまして、気になったのでコメントを残すことにしました。

嬉しい、ニヤリ!
早くおにぎりが食べられますように。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。