見出し画像

満腹でも死ぬ、ナマケモノ の生態


満腹でも死ぬ!?ナマケモノの生態

画像1


最近ペットとして注目されているナマケモノ。手があまりかからなく、とてもゆったりしてるので飼いやすい動物です😍温度や湿度の管理さえしっかりしていれば、ほとんど気にすることはないです。
さて、そんなスローライフなナマケモノですが、
なんと満腹、ご飯を食べていても死ぬことがあるんです‼️


理由はそのスローで低燃費な体にあります。


ナマケモノはご存知の通りとてもゆっくり動きます🚶‍♂️それはエネルギーの消費を少なくするためです💪そうしてゆっくり動くことによって、敵に見つかりにくく、生き延びて来ました。
スロー過ぎて体に藻や苔が生えるほど🌳
また数十種類の昆虫などが住んでいたことまで‼️


それほどゆっくり低燃費で生きているナマケモノ。エネルギーを減らすためにいろんなことをします。
ゆっくり動くこと、エネルギーの消費が増える筋肉💪を減らすこと、排泄も週に1回、ごはんも1日葉っぱ2枚ほど。葉っぱ2枚って8gですよ❗️

画像2


寿司一貫のシャリで16gぐらいですから、それの半分🤔

画像3


しかし、満腹で死ぬ理由はこの食べる量じゃないんです😬


では何かと言うと、



それは消化に1ヶ月かけること‼️

画像4


私たち人間は唾液や胃液などに含まれるいくつもの消化酵素を使うことによって、1.2日で食べものを消化します🍚他の動物たちも違いはあれど、反芻したりして時間をかけても、毒素が含まれるユーカリを食べるコアラ🐨でも、1週間あれば消化できます。


消化するには消化酵素を出すため、臓器に血液を送らないといけません💉消化にはとてもエネルギーがいります😨しかし生きていくためには食べ物を消化して栄養にしないといけません。


しかしナマケモノはそれさえも、怠けるのです‼️


なんとナマケモノは消化を自分の力でしないんです!


ナマケモノの消化器には微生物が住んでいて、その微生物たちによって、消化されています。


冒頭で話した温度、湿度を調整するというのもこの微生物たちのためです😈微生物が活動できる温度湿度に合わせるためです。


そしてこれこそが、ナマケモノが満腹でも死ぬわけです☠️


どれだけ食べたとしても、微生物たちが働けなければ消化できなく、栄養が摂り込めなく、餓死するのです😨もちろん1ヶ月前に食べていなくても…


ナマケモノを飼う際には、温度、湿度をしっかり管理して、育ててあげてくださいね🙇‍♂️


----------------------------------------------

このほかにも色んな動物のおもしろい生態や体の構造、その理由について紹介しています。


交わらない!?タコの営み🐙

動物界最長のヒツジの あそこ🐑


オスキリンの彼女の決め方🦒

ほかの全生物がびっくりなタツノオトシゴの子育て法🐉

かわいいラッコたちの深い悩み



など。
ぜひプロフィールから見に来てください🙇‍♂️

----------------------------------------------

この特徴は?この動物こんなおもしろいところもあるよ!と思った方はぜひ教えて欲しいです🙏補足していきます😊




ご覧いただきありがとうございます🤗


----------------------------------------------

ナマケモノの漢字 樹懶

懶はものぐさ、おこたる、と読みます
ナマケモノにぴったりの漢字ですね😊

#ナマケモノ
#低燃費
#スローライフ
#満腹
#餓死
#微生物
#シャリ
#消化酵素
#動物 #トリビア #雑学 #動物園 #豆知識 #動物好き #動物大好き #動物好きな人と繋がりたい #動物園デート #動物が好き #動物だいすき #動物園大好き #水族館 #生き物好きな人と繋がりたい #水族館デート #なんでなんで #知的好奇心 #水族館好き #水族館好きな人と繋がりたい #生き物 #今日の雑学 #動物雑学







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
動物たちのおもしろい特徴や生態、その理由など簡単にまとめました🤗デートや子どものなんでなんで攻撃、自身の知的好奇心を満たすために! この特徴は?この動物こんなおもしろいところもあるよ!と思った方はぜひ教えて欲しいです🙏 補足していきます😊
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。