見出し画像

新サービスと向き合う中で感じた壁と乗り越え方  大企業社員がドットライフで働いてみた1〜2ヶ月目の変化

2020年1月からドットライフで働いている遠藤です。オフィス機器メーカー(株)リコーから、レンタル移籍という制度で半年間移籍中です。早くも3ヶ月が経過しました。
移籍の経緯はこちら

大企業社員がベンチャーで働いたときの1〜2ヶ月目の変化について紹介したいと思います。

異業界から新サービス担当に。ゼロからのスタート

2020年1月にドットライフに入社し、最初の数日間は会社と業務理解に時間を費やしていました。メーカーからweb系企業に移ったため、会議に参加しても知らない用語が飛び交い、LPやUU、CVRなどその度に検索して意味を調べていました。

また、毎日他の社員と一緒にお昼ご飯を食べながら、どんな会社で誰が何をしているのか把握していました。そうやって過ごしていた1週目の終わりに、新サービスの事業責任者を拝命しました。責任者になったことに非常に戸惑いました。

画像2

担当したのは、自らの「想い」を伝える公式プロフィールを作成・公開して新たな出会いを創出する「another life.プロフィール」。以前からベータ版が公開されていて、このサービスを正式リリースして事業を立ち上げる役目です。

周囲と相談し、まず正式リリースする時期を決めた上で価値検証と開発、告知をするスケジュールを引きました。

正式リリースすることをを決めたはいいものの、売上目標はどう設定したら良いのか。どのくらいのペースでユーザーが集まれば年度末に売上になる、というのは計算できるものの、それが妥当なのか、実現できるのか、誰も解を持っていません。悶々と悩み、何度も計算し直し、時間を使ってしまいました。

また、ペルソナの仮説を立てたものの、まず実際に該当する人を見つけないとヒアリングや価値検証ができません。大企業でBtoBの仕事をしていた時は、営業部署を経由して顧客に繋いでもらったり、スポットコンサルサービスでヒアリング対象者を見つけていました。ただし今回はBtoCサービスで、企業内ではなく個人で活動されている方が対象だったため、どうやってアプローチすれば良いのか分からずにいました。

さらに、取材や社外打ち合わせをする社員が多いため、オフィスにあまり社員がいませんでした。対面コミュニケーションではなくSlack やリモート会議でやりとりすることに対する不慣れもあり、周囲にあまり相談できずに過ごしてしまいました。

そして自分が仕事を進められていないことに対する焦りだけが募っていきました。


「走りだせば悩みが小さくなる」

「このままではいけない」と思い立ったタイミングで、レンタル移籍のメンターや社長と1対1で話す機会 がありました(その頃、だいぶ辛そうな顔をしていたそうです)。現状の悩みを相談した結果、「動き出す前は悩みが大きいが、方向を決めて走りだせば悩みが小さくなる」ということを教わりました。

「自分は動き出していないから悩んでいたのか」と気付き、まずは、イベントで知り合った方と個人的にFacebookで連絡を取り、ランチミーティングをさせてもらいました。

自分にとって、会社間でのメールやりとりではなく、個人的にSNSで連絡を取ってヒアリングするなんて、大企業の中にいた時には考えられなかったことでした。
さらに、ヒアリングした方が主催されている外部イベントにも積極的に参加し、様々な方を紹介していただきました。

そうして想定ユーザーの方々の生の声を聞くことで、実際にサービスのニーズがあるということを確認できました。

また、売上目標も計算しているだけでは意味がなく、まず目標に向けた第一歩を踏み出そう、と思えるようになりました。

画像2

********************************************************************
走り出せば悩みは小さくなる、ということがベンチャー移籍での最初1ヶ月の大きな気付きでした。いつも実行できるわけではなく、何度も立ち止まってしまうことがあります。ただし悩みを小さくする方法が分かったため、不必要に焦ることが減ってきました。

この記事が、ベンチャーで働くことに興味がある大企業の方に少しでもお役立ちできれば幸いです。
今度は担当しているサービスについてご紹介したいと思います。それでは。





この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
another life.公式アカウント始めました! https://an-life.jp/ noteは分からないことが多いですが、noteユーザーの方々、よろしくお願いいたします。 イベント情報や制作の裏話など、役に立つ情報を更新していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。