見出し画像

『Laravel入門 基本機能編』をリリースしました

今週は『Laravel入門 基本機能編』をリリースしました。こちらは 旧版レッスン の内容を、PHP および Laravel の最新版にあわせたリニューアル版となります。

リニューアルのポイント

今回、リニューアルにあたって変更した主なポイントは以下のとおりです。

GitHub Codespacesに対応しました

旧版は Docker を使っていたのですが、より簡単にセットアップできる GitHub Codespaces を使うことにしました(Windows での Docker は少しハマりますよね…)。

Codespace を使えばブラウザ上で開発することも、VS Code から接続して開発していくこともできて便利です。この機会にぜひ使い方に慣れてみてください。

GitHub Codespaces、便利ですよね…

PHPおよびLaravelの最新版に対応

PHP は 8.3、Laravel は 11.10 に対応しています。旧版と比べて以下が変更されていますが、おおまかな内容は旧版と同じです。

  • ファイル構成を最新版にあわせて更新(ただし、開発者がいじるような箇所で変更はありません)。

  • コードについてもほとんど変更はありません。一点、x-slotの書き方が変わったので「<x-slot name="title"> → <x-slot:title>」のように変更しています。

よりわかりやすい説明を心がけました

旧版で寄せられた質問を全面的に見直し、詰まりやすい箇所については、よりわかりやすい説明に変更しました。

ただ旧版では Docker に関する質問が多かったため、今回 Codespace に変更したことで、途中で詰まることはだいぶ少なくなるはずです。

すでに受講済の方は?

上述したとおり、開発環境は Codespace に変わりましたが、扱っているコードに大きな変更はありません。したがって、すでに Laravel で基本的なアプリケーションを組み上げることができる方については、再履修は不要となります。

ただ、「もう一度 Laravel の基本を学び直したい」「最新版の Laravel でファイル構成はどうなったのだろう?」といった方にとっては新しい発見があるかもしれません。目次をチェックして、気になるところを再受講してみてください。

今後の予定

Laravel 入門に関しては、このあとデータベース編、CRUD操作編、リレーション編と続いていく予定です。来週にはデータベース編もリリースできるような…もうしばらくお待ち下さい。

今回の「Laravel入門 基本機能編」は全20回でまとめてみました。Laravel の基礎をしっかり身につけたい方は、以下より詳細をご確認ください。


この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?