見出し画像

ハンカチマスクの作り方動画に見る、小売がなすべきこと

今、あるインスタ動画が話題を呼んでいる。

老舗ハンカチメーカー川辺が、インスタグラムにあげた「ハンカチマスクの作り方動画」である。

50cm四方目安のハンカチとヘアゴムがあれば、マスクの代用品が簡単に作れることを紹介した動画で、この動画が反響を呼び、先日の繊研新聞でも取り上げられた。

本来であれば、3月は歓送ギフトとして、ハンカチのニーズが大きく伸びるシーズンである。しかし、昨今の社会情勢で、歓送会の中止が相次ぐこともあり、ギフト市場は萎んでしまっている。

そうした中で、インスタの動画がヒットした。川辺のやったことは、非常にシンプルで、時流に沿った利用方法の提案である。言い換えれば、価値の再定義である。しかし、これこそが小売の本質であり、なすべきことである。

この動画では、商品そのものの宣伝はしていない。紹介しているのは、ハンカチマスクの作り方のみであり、最後に「川辺では様々なハンカチを販売しております」と述べるにとどめている。しかし、利用方法を提案することで、間接的に商品のプロモーションにもなっている。この動画によって、顧客は50cm四方のハンカチの価値を見直すだろう。場合によっては、マスクの代用として利用するために、新しいハンカチを手に入れたくなるかもしれない。川辺の動画は、新しい需要を創り出した。これこそが、本来小売がなすべきことである。

さらに投稿本文中の、

ハンカチの柄で顔周りが明るくなります

は、マスクの代用品としてだけでの提案だけでなく、ハンカチだからこそできる楽しみ方も提案している。

細めにした方が仕上がりがスッキリします
幅が小さいと耳が痛くなりやすいので、お顔に合わせて調整してください

のような、何気ないアドバイスにも、企業の顧客に対する思いやりが感じられる。まるで対面での接客を受けているような気分にさせてくれる。

この動画は、プロモーションよりも、コミュニケーションに主眼をおいているように感じられた。コミュニケーションによって需要を汲み取り、顧客にとって、有益な価値を再定義することが、これからの小売が追求すべきことである。顧客と小売の心地よい関係を、老舗メーカーの取り組みが教えてくれるのである。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます😊
178
雑貨店のバイヤー。バッグ・服飾雑貨・ハンカチ・傘・バスグッズ・スマホグッズの仕入担当。趣味は野球観戦/スワローズ歴25年以上。

この記事が入っているマガジン

バイヤーのお仕事/小売雑記
バイヤーのお仕事/小売雑記
  • 59本

バイヤーの仕事を通じて日々感じたあれこれや小売に関する雑記

コメント (6)
思いを広げる・伝えるってすごく重要ですよね♪
思いのある商品って大好きです!
初めまして♬
雑貨バイヤーとして,小売業がやるべきこととして分析して捉えるところが、
スゴいなと思うと同時に,素晴らしいなと思いました。
私は新宿区在住で,新宿の広報で川辺さんが紹介しているオリジナルの作り方だと知り、
早速,動画検索してみたところでした。
川辺さんからのさり気ないアドバイスは、何度も試作した結果でしょうね…。
わたしなんて1回試作しただけですが、大きくなり過ぎてドンくさい^^;
コメントありがとうございます!
川辺さんは本社が新宿ですので区の広報にも載られていたんですね!
企業としての姿勢が素晴らしいですよね!
皆さんに惜しみなく公開するとか,無料とか、
ボランティアとか、日本にもやっとこうしたときの奉仕?精神が、
育まれ、醸成されて来たかなって感がありますね♪
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。