見出し画像

福山無料塾・自習教室「教えん塾」について

はじめまして。「教えん塾」です!広島県福山市のローズコム(毎週土曜日)で開催している小中高生を対象とした「自習教室」です。以下、「教えん塾」について簡単に説明します。

画像1

①「塾」ではなく「自習教室」

「教えん塾」では、いわゆる「授業」がありません。学習道具は子どもたちが自分で持ってきます。丸つけも自分で行います。もちろん、分からない問題は指導力のある講師陣が丁寧に説明いたします。「分からなくて途方に暮れて何も勉強できない!」ということはありません。しかし、ここはあくまでも「自分で学びを進める」場所です。基本的には自分でもくもくと勉強します。

画像2

②「教わる」から「学ぶ」へ

これまでの日本の小中学生の教育は「教わる」というスタイルが基本的でした。数人から数十人、時には百人以上の子どもたちが黒板に向かって座り、1人の先生の話をずーっと聞き続け、ずーっとノートをとり続けます。最近はそうではない授業もかなり増えてきてはいます。しかし、基本的には「与えられたこと」をこなしていくスタイルの授業がほとんどです。子どもが自分で「学習内容」を組み立てる余地はほとんどありません。

それって本当に、学びの正しい形なのでしょうか。本当に子どもたちは「学べて」いるのでしょうか。

それぞれの子どもにとって「課題」と「目標」って異なります。当然ですよね。だから、それぞれの「課題」と「目標」に合わせて、今自分が何をすべきなのかを自分で考えればいいんです。だから「自習」が大切なんです。

子どもたちが社会に出たとき、学校の先生のように優しく助けてくれる存在はいなくなってしまいます。その時に頼りになるのは「自分」だけです。社会に出て困難にぶつかった時に、自分自身の「課題」と「目標」を捉え、それを乗り越える力を養わねばなりません。小中高生の間にそういう力を養っておけば、社会に出ても絶対に活躍できます。「教えん塾」で大切にしたいのは、そういう力、社会で生き抜く力なんです。というわけで、私たちは「自習」を大切にしています。


③「学び方」を教える

画像3

しかし、「自習が大切です!だからとにかく自習をしなさい!」と言いたいわけではありません。それはただの「放任」です。そのやり方では、子どもの力はあまり伸びないと思います。

私たちは、子どもの力を伸ばす為に「学び方」を伝えます。具体的にはPDCAサイクルに基づいた学びの方法を伝えます。PDCAサイクルとは、

P(Plan:計画) D(Do:実行) C(Check:分析) A(Action:実行・改善)

のことで、企業等で多く採用されている手法の1つです。

P:計画・・・自分の目標を立てる

D:実行・・・その計画に向かって勉強する。丸つけもする

C:分析・・・自分の間違いを分析。現状を把握する。

A:実行・・・自分が成長する為に何をせねばならないか考える。

という手順です。この段階を分かりやすく子どもに説明しながら学びを進めていくのが「教えん塾」です。

また、この手法は「けテぶれ」とも言われています。「けテぶれ」とは兵庫県の公立小学校教員の葛原先生という方が考案された学びのサイクルで、

け:計画   テ:テスト   ぶ:分析   れ:練習

のことで上のPDCAサイクルと本質的には殆ど同じと言えるのではないかと思います。葛原先生ご本人にご了承をいただき、本スクールでもこの「けテぶれ」学習法をご紹介させていただきました。

④料金・お問い合わせ

指導料金は無料です。ただし、会場使用料・教材費・運営費等に使用するため1回500円(月2000円)を頂きます。

お問い合わせは

①ツイッター:  https://twitter.com/oshien_jyuku

②インスタグラム: https://www.instagram.com/oshien_juku/

③フェイスブック: https://www.facebook.com/profile.php?id=100046388311271

④メール: kazukik0805@icloud.com

⑤電話: 080-5866-1839(メッセージでも可)

等より受け付けております。お気軽にご連絡ください。

というわけで、今後とも「教えん塾」をよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わーい⭐️
4
福山市「ローズコム」で毎週開催中・小中高生・大人も対象の無料自習教室・従来の塾のような授業は行わずPDCAサイクルに基づく「学び方」を伝授・学習道具は子どもたちが持参・講師は国立大学院卒の小学校教員経験者・英検1級国立大学教育学部卒講師等・会場使用料等で1回500円必要です。